小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

集客チラシ デザインのツボ

売れるチラシと、素敵なチラシ、どちらにします?

「かっこいいチラシにしてください」
「可愛いデザインにしたいんです!」

質問です。
売れるチラシと、かっこいいチラシ
どちらがいいですか?

集客チラシの目的は、
購入・問い合わせ・サンプル請求・応募
お客様に行動してもうことです。

そして
デザインの役割は
お客様をスムーズに行動へご案内すること。

優先すべきはお客様の行動
かっこいい・可愛いは二の次。

集客チラシの出口はお客様の行動なのです。

今回は
お客様をスムーズに出口へ案内する
デザイン・レイアウトの作り方についてです。

=====================
■集客チラシ デザインのツボ

①入口とで口はデカデカと大きくする。
②目の導線上にコンテンツをレイアウトする。
③特等席で全て言いきる。
=====================

説明しますね。

①入口と出口はデカデカと大きくする

 入口とは、ターゲットの呼びかけ、キャッチコピー
 出口とは、○○○してください。オファー
 読まれるため、行動してもらうため
 この入口と出口は下品なくらい大きくしてください。

②目の導線上にレイアウトする。

 パッと新聞を開く、雑誌を開く。
 視線はどこから動きますか?
 横組みの場合 左上部⇒右下部
 縦組みの場合 右上部⇒左下部
 この視線の導線上にコンテンツを配置します。

③特等席で全て言いきる

 最初に視線が動く場所
 横組み⇒左上部 縦組み⇒右上部
 これが、チラシの特等席
 この特等席で全て言いきる。
 
 ”40歳いつまで輝いていたい、そんな貴女へ”
  ○○成分配合!□□□新発売!
  先着1000名様限定!お試しセットプレゼント!

 お客様は超忙しい。広告のほとんどが流し読み・
 流し読みでもお客様を捕まえる。
 特等席で伝えたいことは、全て伝えてください。

いかがですか?

もちろん
かっこよくて、可愛くて、売れるチラシ
これがベスト。

でも、どちらを優先するかと訊かれたら
迷わず売れるチラシを選びます。

集客チラシの判断基準は
お客様の反応。
まずは反応だからです。

これ忘れないでくださいね。

「私の場合どうすればいいの?」
そんな時はお気軽に相談してくださいね。

迷っている時間、もったいないですからね。

それでは