小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

集客チラシ 見栄っ張りチラシの悲劇

いまでも冷や汗が出ます。

広告代理店に入社して3年目のことです。

僕は若手NO1の成績を上げる営業マンでした。
この若さ。

「俺はなんでも知っている。」

傲慢そのもの。生意気盛り。

そんな時です。
通信会社のKさんと打ち合わせ。
Kさんは定年が近い物静かな人でした。
商談が終わり、帰り間際にKさん

「高橋さん。
 実力以上に自分を見せようとしてはダメだよ。
 信用をなくすよ。老婆心だけど」

「え?」

血の気が引いていくのがわかりました。
すっかり見透かされていました。
恥ずかしい・・・・・

見栄張りは信用をなくす。

これは、ビジネスでも同じです。

”マーケティングは商品を越えてはいけない”

これはマーケティングの大原則のひとつ。

商品の内容以上の広告やプロモーションを
行ってはけない。

マーケティングが商品を越えるとどうなるか?
それは

{誇大広告」

JARO、公共広告機構にはそんな
一線を越えてしまった広告への苦情が多数寄せられています。

これはモラルの問題だけではありません。

派手で過剰な広告で確かに反応は取れます。
でも、利用したお客様は,

「チェ!なんだよこれ!全然違うじゃん!」

2度と購入してくれません。

ビジネスで一番重要な
リピート利用、顧客化に繋がらないのです。

基本は商品・サービスです。

========================
マーケティングは商品を越えてはいけない。
========================

広告の役割は
商品の魅力、価値を最大限引き出し伝えること。
そして行動してもらうこと。

でも、
商品は越えられない、越えてはいけない。

これを忘れると
愚かな入社3年目の広告営業マンのように
青ざめて途方にくれることになります。

少し分別臭い話でしたね。

でもビジネスでは極めて重要なこと。

忘れないで下さいね。

それではまた明日!