小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

「検討します」を言わせない集客チラシの作り方

「あとで検討します。」
ハイ。これ「買いません」と同じ意味です。

今回のテーマは、
お客様とあなたを幸せにする
集客チラシのあるパーツについてです。

「カートに保存されるとダメなんですよ」

通販会社のマーケティング担当者Sさんの話です。

「お!これはいい」カートに入れる。
でも、よく考えると、ちょっと高い。いまお金ないし・・
「もう少し考えよう」
”今は買わないボタン”をポチ。

こうなるとアウト!

購入率はガクンと下がるそうです。
原因は
忘れてしまうこと。

「あ!そういえば」
思い出してカートを見た時には
購入意欲は半減。そしてカートから削除。

「だから、カートの入れたら、
 すぐにレジに進んで欲しいんですよ」
Sさんは教えてくれました。

これ、集客チラシでも全く同じです。

購入・来店・来場・問い合わせ・資料請求・サンプル請求・・・

集客チラシの目的は、お客様の行動です。

「これ可愛いーーー!」「お!すげー」

でも行動してくれなければ意味はないのですね。

だから
「あとで検討」
これは、本当にもったいないこと。

お客様は、
商品を手に入れて幸せになれたかもしれない。のに、
あなたは、
お客様が買ってくれて幸せになれたかも知れないのに、

「あとで検討」
これはお客様にとっても、あなたにとっても、
不幸なこと。悲しいことです。

そうならないためには、興味を持ったら、
すぐに行動してもらうこと。

そのためには
強力なオファーが必要です。

オファーとは
あなたとお客様の取引の条件のこと。

お客様はこのオファーで行動するかどうかを決定します。

すぐに行動してらうためのオファーに必要なこと
それは
緊急性と限定性

========================
すぐに行動してもらうオファーの条件
それは、緊急性と限定性。
========================

緊急性と限定性とは、

「いまなら○○!」「先着○○様限定!「本日限り}

いま行動することのメリット
いま行動しないことのデメリット

このポイントをオファーで示すこと。

どんなに、優れた商品、
どんなに、優れたメッセージでも
このオファーが弱いとお客様は動かない。

せっかく苦労して作成した集客チラシ
気がついてくれ、興味をもってくれたお客様。
そのお客様が忘れてしまう。
これは悲しい。もったいないですよね。

強力なオファーでお客様の行動を促して下さい。

お客様、そしてあなたをHAPPYにするためのコンテンツ
それが強力なオファーです。