小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

集客チラシ ”文体”のルール

村上春樹さんはお好きですか?

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

今日のテーマは”文体”

「風の歌を訊け」
ご存じ村上春樹さんのデビュー作です。

僕はこの作品の創作秘話が大好き。

当時、ジャズ喫茶を経営していいた村上さん。
小説を書くのは帰宅後のキッチンテーブル。

明日も仕事。長い時間はとれない。
毎日、30分程度の執筆時間。

その結果、
一文が短く端正なスタイルが生まれた。

「僕の文章スタイルは、
 あのキッチンテーブルから生まれました」

後年、村上春樹さんは語っています。

グイグイ読者を引き込んでいく文体は、
仕事帰りのキッチンテーブルから生まれた。

いい話ですね。

”文体”

これは集客チラシでも重要なこと。

=====================
集客チラシ”文体”のルール
=====================
動画も御覧ください。

「このチラシ読みづらいな~」

これアウトです。

今のお客様は我慢して読み続けてはくれません。

「読みやすい文章」
マーケティングにおける最低必要条件です。

「短い形容詞を名詞の近くに置く」
とか
「~の、を続けない」
とか、

読みやすくする文章技術は様々。

でも、これに勝る方法はない。
今日はそんな方法をひとつ、ご紹介します。

それは、

ーーーーーーーー
一文を短くする。
ーーーーーーーー

なぜ、「読みづらい」のか?
それは、「リズム」がないからです。

「リズム」が生まれない原因。
それはダラダラとした長い文章です。

だから、
ーーーーーーーーー
一文を短くする。
ーーーーーーーーー

様々な文章テクニックはそれから。

まずは、短くする。

たったこれだけで、
「読みやすさ指数」軽く30%アップします。

簡単でしょ?

でも、本当に効果抜群。

一文を短く。

集客チラシ”文体”のルールです。

お試しください。

それではまた!

追記

村上春樹さん
僕にとっての一冊は、
「羊をめぐる冒険」
みなさんはいかがですか?

■ブリッジワークの集客サポートサービス■

企画から完成まで完全サポート
『集客チラシ完全サポートサービス』
http://bridge-work.net/contents/121003chi-support.pdf
僕を集客のパートナーにしてみませんか?
『集客7プログラムメンバー募集!』
http://bridge-work.net/contents/121017member7.pdf