小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

すべらない集客チラシのツボ

【集客7】すべらない集客チラシのツボ

今年の初滑りでした。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

「5m30!」

僕の初滑りの記録です。

昨日の朝
「ヤバイ!遅れる!」

家から出て僕はバス停へ走っていました。
その横を目的のバスが通り過ぎていゆく。

バス停まであと少し。

その時です。

「ツルリ」

昨日の札幌は積雪の上に雨が降っている。
路面は”ツルツル”スケートリンク状態。

勢いがついていました。
転んで滑った距離は約5m。

志村けんさんばりの
我ながら見事な滑りっぷりでした。

バスの中で高校生は大笑い。
スーツはびしょびしょ。

僕はすごすごと家に戻りました。

「すべる」

集客チラシもこんな結果は悲しいですよね。

と言うことで、
今日のテーマは

===================
『すべらない集客チラシのツボ』
===================
動画をご覧下さい。

チラシ無料診断や無料相談で拝見したチラシ。

「成果がでにのですが・・・」

その原因は様々です。
でも一番多い原因がこれ

「欲張りさんチラシ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■「欲張りさん」チラシ3つの大罪

●あの人にもこの人にも伝えたい。
 誰に伝えたいのかわからない。

●こんなことも、あんなことも伝えたい。
 結局、何が言いたいかわからない。

●こんなことも、あんなこともして欲しい。
 結局、何をすればいいのかわからない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「欲張りさんチラシ」は文章が複雑になる。

すると、
気がついてもらえない。
伝わらない。

だから行動してくれない。

集客の効果がガクンと落ちるのです。

「でも、限られた予算から作るチラシだから、
 できるだけたくさんのお客様に伝えたいし・・・」

ものすごくわかります。人情ですよね。

でも
「わかりづらい」
これ情報過多の現在、致命傷なのです。

どうするか?

こうします。

ワン・ターゲット
ワン・メッセージ
ワン・アクション

ひとつのターゲットに
ひとつのことを伝えて
ひとつの行動を求める。

つまりギュっと絞り込む。

「でも・・・・」

気持ちはわかります
怖い。勇気がいる。

でも言います。絞ってください。

「シンプルでわかりやすい」

効果のでる集客チラシの必要最低条件です。

いかがですか?

ギュッと絞り込む。
チャレンジしてみてくださいね。

「すべりたくなーい」
そんな方は無料相談してみてください。
一緒に「すべらないチラシ」考えましょう!
⇒info@bridge-work.net

それではまた!

追記
「お尻が痛い」
今日、鏡を見てみると
見事な青タンになっていました。
雪国にお住まいの皆さん
気をつけてくださいね。

■チラシ無料診断実施中!■
集客チラシの改善点をわかりやすく
アドバイスいたします。
お申し込みは下記のアドレスからどうぞ。
⇒info@bridge-work.net