小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

ませた幼稚園児が興奮いたわけ 集客チラシの場合

【集客7】ませた幼稚園児が興奮したわけ 集客チラシの場合

あなたが初めて異性を意識したのはいつですか?

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

今日のテーは”相違”

「初めて異性を意識したのはいつですか?」

昨日、大通公園で
テレビ局の街頭インタビューを受けました。

なんちゅう質問。
急いでいたので丁重にお断りしましたが・・

僕が初めて異性を意識したのは、
なんと幼稚園の時です。

毎日楽しみにしていたNHKの幼児向け番組。
僕は「歌のお姉さん」が大好きでした。

ある日、いつものように楽しみに観ていると

「え?」

僕の大好きな「歌のお姉さん」の衣装が違う。

いつもはミニスカート姿のお姉さんが
その日はなぜかパンツルック。

僕の心臓はバクバクしていました。

「伸夫、どうしたの?」
様子が違う僕に母親が声をかけてくれましたが、

「ううん、なんでもない」
恥ずかしくて何も言えませんでした。

大好きなお姉さんがいつもと違う!

幼少の伸夫くんは”相違”に反応したのですね。

「いつもと違う」

これは集客チラシの重要な要素です。

========================
『ませた幼稚園児が興奮したわけ 集客チラシの場合』
========================
動画をご覧下さい。


集客チラシは
お客様の行動を変化させることがが目的。
来店・購入・サンプル請求・問い合わせ。

だから伝えることは、行動しなければいけない理由。
「こんなにメリットがあるから行動しなければ」

そしてもうひとつ。
伝えるべき重要なこと。

「今だから」

今、行動することのメリットを伝える。
いつもと違うニュースを伝えることが重要なのです。

自社のサービスを並べただけのチラシ。
通称「カタログチラシ

一定の効果はあります。

でも

「あ!これいいな。ここで売ってるんだ。
 じゃいつか見に行こう」

そしてしばらくすると忘れてしまう。

だから”相違”を伝える。

「いつもと違いますよ!
 今だから行動したほうがいいですよ!」

お客様にHOTで新鮮な情報を伝える。

「今だから」
”相違”でお客様を刺激してください。

ちなみに、非日常を求めるのは、
人間の本来的な欲求のだそうです。
だから日常を離れて旅行に行きたくなるそうです。

他社とは違う。いつもと違う。

”相違”
集客チラシに必要な要素です。

それではまた!

■チラシ無料診断実施中!■
集客チラシの改善点をわかりやすく
アドバイスいたします。
お申し込みは下記のアドレスからどうぞ。
⇒info@bridge-work.net