小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

広告文章「読みやすく」する一番簡単な方法

【集客7】広告文章「読みやすく」する一番簡単な方法

辛い・・・・。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

今日のテーマは”リズム”

「読みづらーーい!」

どうしても読まなければいけない資料。
これがパズルのような文章。
ま~読みづらい。

仕事でなければ絶対にこんな文章読まない。
ヒーヒー言いながらなんとか読破しました。

これ怖いですよね。

「読まなければいけない」
だから嫌々読みました。

でもこれが
「読まなくてもいい」
例えば集客チラシだと・・・・・

確実にゴミ箱直行便。ドブ金です。

そこで今日は、
読みやすくする方法をお届けします。

=======================
 『広告文章「よみやすく」する一番簡単な方法』
=======================
動画をご覧下さい。

読みやすくする一番簡単な方法。

それは、

「一文を短くする」

え?たったそれだけ?
はい。これだけ。That’s all

「読みづらい」
一番の原因は文章が長すぎること。
だから複雑になる。

例を出しますね。

「赤い服を着た人形を抱いた女の子が立っていた」

赤い服の人形?
赤い服の女の子?

これを前後の文脈から
考えながら読まなければならない。

これ、疲れますよね。
だから短くする。

◆一文を短くする3ステップ

1 短くしてバラバラにする。

「赤い服を着ていた。
 人形を抱いていた。
 女の子が立っていた」

2 「短+長」「長+短」で組み合わせてみる。

「赤い服を着て人形を抱いていた。
 女の子が立っていた」

3 順番・文末を調整して整理。

「女の子が立っていた。
 赤い服を着て人形を抱いている」

いかがですか?

一文を短くすることでリズムが出てくる。
リズムがいいとテンポよく読める。

単純ですが効果は抜群。

一文を短く

お試しあれ!

それではまた!

■チラシ無料診断実施中!■
集客チラシの改善点をわかりやすく
アドバイスいたします。
お申し込みは下記のアドレスからどうぞ。
⇒info@bridge-work.net