小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

広告文章「欠点」を示し信頼を得るテンプレート

正直であることです。

こんにちは。
高橋です。

全てを満足させる商品や企業はありません。
必ず「欠点」がある。

特にビジネスのアーリーステージ、
まだ小さな会社の場合、
どうしても価格や品揃えでは不利、「欠点」になる。

大量に売ることができる、大量に仕入れることができる。
大企業にはかなわない。

でも、大企業にも「欠点」がある。
価格を追求していると、
お客様が求める「何か」を犠牲にしている。

小さな会社の勝機はここにあります。

「お客様が求めていて、
 大企業が提供していないこと」

丁寧な接客、親身なアフターサービス、
ある分野の専門性・・・

問題は伝え方です。

小さな会社は信頼されにくい。
どうするか?

こうして下さい。

「欠点を告知する」

=========================
『広告文章「欠点」を示し信頼を得るテンプレート』』
=========================

お客様は正直な商品、正直な企業を信頼します。
これは人間関係と同じですね。

正直に「欠点」を告知する。

「でも、欠点が知られると買ってくれない」

いいえ、違います。

「欠点」を上回る「価値」を伝えればいいのです。
このテンプレートを使ってみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆欠点を告知し信頼を得るテンプレート
「もし、○○○なら、この商品はおすすめできません。
 でも、□□□なら、きっと気に入っていただけるはずです」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

○○○は「欠点」
□□□は「価値」

「もし、安い野菜をお望みであれば、
 当店はおすすめできません。
 でも、毎朝、産地から直送される新鮮な野菜を
 お望みであれば、きっと気に入っていただけるはずです」

ポイントは、
「欠点」を上回る価値を提供していること。

もちろん、それでも「安い野菜」のお客様はいます。
そのお客様は、最初からあなたのお客様ではない。

言葉は悪いですが、相手にしない。
いくらアプローチしても無駄だからです。

いかがですか。

「欠点」は隠さない。お客様に知らせる。
そして、その「欠点」を上回る価値を知らせる。

あなたの「価値」を求めるお客様の信頼
ぜひ獲得してくださいね。

それではまた!