小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

広告文章の教科書 最新号が届きました。

百円玉2枚を持って本屋へ走れ!

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

集客チラシの悲劇

それは
「伝えたいこと」と「知りたいこと」のすれ違い。

徹夜して書き上げたチラシの原稿。

「よーし!これはお客様来るぞ!」

でも届かない。電話も鳴らない・・・

こんな経験ありませんか?

チラシの原稿をもう一度見てみてください。
何が書いてあるでしょうか?

商品の特長や他社との違い。
お得な特典や保証・・・

それだけですか?

それは「伝えたいこと」
残念ですが、お客様が「知りたい」ことではない。

だから読まない。届かない。効果がでない。

「伝えたいこと」と「知りたいこと」が合致しないと、
望む結果は得られないのです。

どうしたら合致させられるのか?

この教科書を読んでください。

「通販生活」

=====================
『広告文章の教科書 最新号が届きました』
=====================

お客様が「知りたいこと」は何か?

それは、「メリット」です。
と言うか「メリット」にしか興味がない。

「最新の機能満載?
 ふ~ん、それって私に何かいいことあるの?」

だから広告文章の大原則
「商品の特長から得られるお客様のベネフィットを書く」

この「商品」と「ベネフィット」の関係を学ぶなら、
最適な教科書があります。

それが「通販生活」

先週届いた最新号。
例えば夏用の帽子

「13センチの特大ツバが作る日陰は、
 まるで小さな日傘のよう」

商品の特長「13センチの特大ツバ」
ベネフィット「小さな日傘のような日陰が得られる」

例えば敷布団

「わずか2.9キロしかない軽い敷布団。
 だから朝晩の布団の上げ下ろしが辛い
 年配読者に受けています」

商品の特長「たった2.9キロの敷布団」
ベネフィット「朝晩の布団の上げ下ろしが楽」

いかがですか?

「伝えたいこと」と「知りたいこと」が合致した
”売れる”文章が満載されています。

悲しいすれ違いから抜け出すヒントが必ず得られる。
お値段たったの180円。

すぐに書店に走ってください。

赤ペン引きまくり、付箋だらけ。
僕が保証します。

それではまた!

PS

「通販生活」最新号のテーマは「熱中症」
これがまた面白い。
ぜひ、ご一読を!

◆僕を集客のパートナーにしてみませんか?
『集客7プログラム・メンバー募集中!』(
《詳しくはこちらから》