小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

迷子続出!こんなチラシ作っていませんか?

????
こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

札幌もようやく街から雪が消えました。
住宅販売の春商戦がスタートです。

GWには各社イベントを開催。
折込やポスティングで多数チラシが届きます。

でもなー多いんですよね。
迷子続出のチラシ

「見学会に来てください。資料請求もしてください。
 ついでに資金相談も、そして・・・・」

結局、私は何をしたらいいのでしょう?

これ、典型的なダメチラシなのです。

================
『このチラシの出口はどこ?』
=================

チラシの目的は、
来店・購入、資料請求、予約、参加・・・
お客様の行動の変化です。

だからチラシでは行動を呼びかける。
「この機会にぜひ○○○してください」

Call To Actionと呼ばれる重要なパーツです。

この「行動」は集客チラシの出口。
「行動」へガイドするためにメッセージを作る。

例えばデパート
出口が複数あると誘導看板も複数必要になる。

集客チラシも同じこと。

◆「して欲しい」出口がたくさんある。

◆出口へ誘導するガイドが複数必要になる。

◆メッセージが複雑になり分かりづらい。

◆分かりづらいからお客様は迷う。行動しない。

◆見事、ダメチラシの出来上がり。

これ悲しくないですか?

求める「行動」出口を絞る。
全てのメッセージが出口に誘導するものになる。
シンプルで分かりやすい。
分かりやすいから、お客様は動きやすい。

お客様を迷わせないでください。

「して欲しいこと」
出口を明確にして、
気持ちよくガイドしてあげてくださいね。

それではまた!

PS

と、ここまで書いてきて気がつきまし

やばい!
今日は結婚記念日ではないですか!

何かしないと。どうしよう・・・

◆僕を集客のパートナーにしてみませんか?
『集客7プログラム・メンバー募集中!』
《詳しくはこちらから》