小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

今日、一日で集客チラシを作る方法

悲しいことですが・・

おはようございます。
ブリッジワークの高橋です。

集客、マーケティングには、悲しい真実があります。

それは、

「やってみないと、わからない」

どんなに緻密に練られた、
マーケティング・プラン、コピー、デザインも、
「やってみないと、わからない」

そして、
「やらないと、絶対に成果はでない」

だから、勝負は「手数」

ヒットを打ちたかったら、たくさん打席に立つ。

マーケティングも、
成果を出したかったら、たくさん試す。テストする。

Aを試す。ダメ。次、Bを試す。ダメ。
ハイ。じゃCを試す・・・

「兵は拙速を尊ぶ」
どれだけ速くテストして正解を見つけることができるか?

そこで、今回は、
「今日、すぐテストができる速攻チラシ作成術」

=======================
『今日、一日で集客チラシを作る方法』
======================

紙とペンを用意してください。

方法は簡単です。次の例文を、
あなたのビジネスに置き換えるだけ。

それでは、let’s Go!

◆キャッチコピー

「肩が重たい」「頭が痛い」「背中まで痛くなる」
 あなたは、肩こりでこんな悩みはありませんか?

※お客様の悩みを書いて、「こんな、悩みはありませんか?」

◆サブ・キャッチコピー

「□□□は肩こり専門の整体院です」
または、
「□□□は、その悩みを解決します」

※あなたの商品が、悩みの解決策であることを示す。

◆商品の説明

「肩こり専門整体院□□□ 3つの秘密」

※商品の特長を3つにまとめる。

◆コール・トウ・アクション

「すっと肩が軽くなる。さあ、あなたも体験してみませんか?」

※行動を呼びかけます。

◆オファー

「初めての方限定!毎日先着5名様限り!
 当院、人気NO1コース○○○を、
 なんと!¥○○○○でご提供!」

※試してみたくなる魅力的な条件を提示する。
 今、行動してもらうために、期日を限定、人数・個数を限定する。

◆レスポンス・デバイス

「ご予約は、いますぐこちらから!
 Tel ○○○-○○○―○○○○」

※行動の手段を示します。。
 来店して欲しいのであれば、地図を大きく分かりやすく。

◆店舗情報

 店舗名・住所・電話番号・URLなど

はい、以上です。

この雛形をあなたのビジネスに置き換えてみてください。
片面、集客チラシの出来上がりです。

これ、ちゃんとコピーライティングの原理原則に基づいたもの。
でも、理屈なんて、後からでOK。

出来上がった原稿をコンビニでコピーする。
狙ったエリアに100枚~200枚配ってみる。

1000枚程度配布したら、結果を見てみる。

ね!今日から、すぐに「テスト」できるでしょ?

これ、やった者勝ち。

ぜひ、チャレンジしてくださいね。

それでは!

PS
「作り方が、ちっと・・・」
そんな、場合はすぐに相談してくださいね。
とにかくスピード。
早く正解を見つけましょう!