小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

点滴を受けながら考えた集客チラシで重要なこと

本当に申し訳ありませんでした。

おはようございます。
ブリッジワークの高橋です。

昨日はメルマガを配信することができませんでした。

季節はずれの風邪。

朝、いつものように起床して、メルマガの管理画面を開く。
書き出してみたのですが・・・

なんとなく身体が重い。寒けもする。
何気に近くにあった体温計を脇に挟んでみると、

{じえじぇ!」38.8°!

もう一行も書く事ができませんでした。

「病は気から」
体温を計らなければ、
メルマガを書き上げ配信していたと思います。

38.8°に気持ちが折れてしまったのですね。

実は、この原稿、
ある病院の点滴室でiPadを使い書いています。

高熱にうなされ、朦朧としてまで書いている理由。
それは、猛烈に頭にきているからです。

とにかく、この病院がひどい。

初診の受付から、問診、検査、受診・・・
段取りはよしとして、「ガイド」がひどい。

「え?これ、どこに行けばいいの?」

院内の「ガイド」案内看板が分かり辛いこと、この上なし!

廊下で路頭に迷い、倒れこむかと思いました。

ようやく、たどり着いた点滴室。
頭にきながら考えたこと。

「ガイド」の重要性。
もちろん、集客チラシにおいてもです。

======================
『集客チラシには2つの路を用意する』
=====================

この世界には2種類のお客様が存在します。

慎重に決断したいお客様と
効率的に決断したいお客様です。

だから、集客チラシには、
2つの路ーダブル・リーディング・パスを用意する。

慎重なお客様は、一度興味を持つと、
じっくりと、細部まで読んでくれる。

問題は、
効率的に情報を得たいと考えているお客様。

興味を持って読み始める。
でも、「ガイド」看板が不備だと、
すぐに読むことをやめてしまう。

情報が溢れている現代。
「気持ちよくガイドしてくれないと、読まないもんね」
こんなお客様が増えているのです。

気落ちよくガイドするにはどうすればいいか?

それは、

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
タイトル、見出しを読んだだけで、
意味が通じるようにする。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

タイトル、見出しは、集客チラシにおける看板です。
看板が明確だと、「ガイド」できる。

お客様の行動というゴールにたどり着ける。

それだけではありません。

明確な看板、効果的なタイトルは、
じっくりと読んでくれる、慎重派のお客様にも有効です。

「読みやすくなる」「長い文章の威圧感を緩和できる」

いかがですか?

あなたの集客チラシ。
お客様を迷子にしていませんか?

明確な看板、効果的なタイトルを、
ぜひ、設置してくださいね。

さてさて、今回の風邪。

電話・Skypeミーティングの変更をお許しいただいた、
クライアントの皆様

コピー原稿を待ちわびていたデザイナーのIさん

「メルマガ配信忘れていますよ」
ご指摘いただいた読者のKさん

本当にありがとうございました。
そして、本当に申し訳ありせんでした。

みなさんも体には十分気をつけてくださいね。

それではまた!

◆◆◆「二人三脚」であなたの集客をサポートします。◆◆◆

オンライン・コンサルタント&コーチ
『集客7プログラム・メンバー募集中!
詳しくはこちらから!