小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

「小さく入って大きく育てる」ポジショニングの話

物量に負けるな!

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

尖閣や竹島、北方領土

領土問題は本当にシリアスな課題です。
国家にとって領土は存続に関わる問題だからです。

とても残念なことですが、有史以来、
世界は領土をめぐり争ってきました。
戦争とはつまるところ領土の取り合いの争いです。

これ、ビジネスも同じこと。

「商戦」
ビジネスは商売の戦争なのです。

商売の戦争でも領土を取り合う。

商売上の領土
それが「ポジショニング」です。

=========================
『小さく入って大きく育てる。ポジショニングの話』
=========================

「ポジショニング」とは戦う場所を決めることです。

例えば「クリーニング業」とか「リフォーム業」とか、
自分が商売をする領域を決める。

でも、そこには全国チエーン、地元大手
強豪がひしめいている。

量に物を言わせた低価格戦略、多額な広告予算、多数の営業部隊・・
物量ではとても、太刀打ちできない。

どう戦えばいいのか・・・

それは、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まず、自分が勝てる小さな市場を作る
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「クリーニング業」「リフォーム業」という
大きな市場のなかで、自分だけの、または、自分が勝てる
小さな市場を作ってみる。

「キャバクラ嬢のドレス専門のクリーニング店」
「清田区のトイレ専門のリフォーム会社」

キャバ嬢のドレスなら、清田区のトイレなら

「○○なら」を作ってみる。

狙い目は低価格を売りにする大手競合店の死角。

特定分野の専門性、きめ細かい接客、丁寧なアフター
低価格を実現するために、お客様が求める「何か」を
必ず犠牲にしているからです。

まずは、あなたの小さな領土を作ってください。

ーーーーーーーーーーーーー
小さく入って大きく育てる
ーーーーーーーーーーーーー

これがマーケティングの鉄則です。

いかがですか?

リフォーム業を営む、クライアントのFさんは、

「私たちは○○市の○○○専門のリフォーム会社です」

チラシに「ポジショニング」を明確に示して、
反応率をなんと10倍にしてしまいました。

あなたの領土、まずは作ってくださいね。

それではまた!

PS

あなたの領土づくり手伝います。

もし、競合との戦いに苦戦してる場合は、
戦う場所を変えることも有効な方法。

「ポジショニング」を僕と検討しませんか?

ご相談はこちらから!
◆◆◆「二人三脚」であなたの集客をサポートします。◆◆◆

オンライン・コンサルタント&コーチ
『集客7プログラム・メンバー募集中!
詳しくはこちらから