小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

マーケティング 意外な敵の正体とは?

あれあれ??

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

意外なところに敵がいました。

僕の仕事はクライアントさんを「売れる」状態にすることです。

だから、ミーティングの前に、必ず時間を作り、
クライアントさんが抱えている課題の解決策を考える。

「うっしゃー、これは妙案だ!」

ところが・・・

Aさんの反応

「すごく効果があるチラシだと思います。
 でも・・・」http://youtu.be/6QYcEpkK86c
「同業の仲間からなんて思われるか・・・」

Bさんの反応

「ハンデイングですか・・・・ 
いや、やめときます。恥ずかしいから」

あれあれ??

あんなに、「集客したい」って言っていたのに・・・

僕はあることを忘れていました。
AさんもBさんも「集客したい」気持ちは真剣です。

でも、一方で、
「同業の仲間との関係を壊したくない」
「恥ずかしい思いをしない、今のほうが心地がいい」

人間は本能的に今の生活を守ろうとする。

「困った」と言いながら、どこかで、
 今の生活を心地よく感じてしる」

あなたのお客様の敵は、
意外や意外、お客様の気持ちの中にありました。

=======================
『マーケティング 意外な敵の正体とは?』
=======================
動画をご覧下さい。

この敵は手ごわいですよ。

「今の状態を守ろうとする」
これは、人間の本質的な欲求だからです。

いくら「痩せたい!」と言っても、
甘いものを気にせず食べられる、今の生活を捨てたくない。

こんな場合は

「今、痩せないと、もっと困ったことになるよ。
 彼はそっぽ向くし、肥満が原因でこんな病気になったり・・」
「痩せたら、こんないいこともあるよ。」

課題を放置るすることの危険性を伝えたり、
さらなる「価値」があることを伝えたり。

広告のメッセージでは、この「意外な敵」に、
話しかけることが必要なのです。

あなたのお客様が変えたくないと持っているものは何ですか?

一度、考えてくださね。

それではまた!

◆◆◆「二人三脚」であなたの集客をサポートします。◆◆◆

オンライン・コンサルタント&コーチ
『集客7プログラム・メンバー募集中!
詳しくはこちらから!