小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

あなたの広告 この重要なコンセプトを忘れていませんか?

KISS!

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

「まったく資料請求がないんだよ」

ある中堅ハウスメーカーの社長から相談を受けました。

高い金を払って見込み客獲得を目的に作成した自社サイト。

でも、期待に反してまったく反応がとれない。

さっそくサイトを調べてみると・・・

予想通り!こりゃ反応とれませんぜ!社長!

原因は資料請求の登録フォームにありました。

なんと必須の記入項目が十数箇所。

土地は持っているか、理想の住まいを書け、資金はいくらだ・・
挙げ句の果てに年収まで。

情報をなるべく取りたいのは分かるけど、これはやりすぎ。

「複雑、ウザイ、面倒、書きたくない」

データを調べると
「資料が欲しい」と登録に来た人の約8割が「やーめた」

これ、もったいないですよね。
興味を持ち、資料請求したいと言っているのに。
見込み客をみすみす逃している。

原因が分かれば、あとは簡単。

登録フォームの項目を
「名前・住所・電話番号・メルアド」の4つにしてテスト。

すぐに7割のお客様が登録してくれるようになりました。

これ、売るための超重要なコンセプトを忘れている。

売るための重要なコンセプト

「シンプルにすると売れる」

============================
『あなたの広告 この重要なコンセプトを忘れていませんか?』
=============================
動画をご覧ください。

「シンプルに、簡単に、わかりやすく」

僕はクライアントさんに口を酸っぱくして言っています。

なぜなら「売れるから」

広告メッセージをシンプルにすると売れる。
商品ラインアップをシンプルにすると売れる。
手続きをシンプルにすると売れる。

広告メッセージをシンプルにするとは「絞る」こと。

あんな人にも、こんな人にも、あそこの人にも伝えたい。
あんなことも、こんなことも、そしてこれも伝えたい。
あれもしてくれ、これもしてくれ、ついでにこれも。

こんな広告メッセージ、誰も反応しない。反応できない。

「こんな人は、これができます。だから、これをしてください」

ひとつのターゲットに
ひとつのことを伝えて
ひとつの行動を求める。

これが広告メッセージの基本です。

「絞る」とシンプルになる。だから分かりやすい。
だから、お客様は行動しやすい。だから「売れる」

ここで、注意点がひとつ。

「シンプル」とは「貧弱」と違いますからね。

スカスカな寂しいメッセじは売れませんよ。
これ注意してくださいね。

いかがですか?

”億万長者メーカー”
ダン・ケネディはこう言っています。

「Keep It Simple Sakesman!」

営業マンよ!シンプルにしなさい!

名づけて「KISSの法則」

あなたの広告は「シンプル」ですか?

確認してみてくださいね。

それではまた!

PS

「でも、どうすればシンプルになるの?」

そんな時は迷わず相談してください。

『集客無料なんでも相談実施中!』
お申し込みはこちらから