小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

この広告の間違いを見抜くことができるでしょうか?

イタい!あまりにもイタすぎる!

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

完全に職業病です。

昨日、移動中の地下鉄でのこと。いっものように「広告診断」

「これはオファーが弱いな」「このキャッチ、すげー」
ついつい広告が気になる。完全に病気です。

昨日も、

「ドコモも巻き返しに必死だなー。でも、これじやな・」
「お、この英会話スクール、売れそうだな」

結構、これは楽しい。
時にはヒントまでもらえる。

でも、時々、悲しい広告に出会うことがあります。

「これ、ドブ金だな。もったいない」

昨日の「イタい広告大賞」はこんな広告でした。

「凄いぞ!そろばん!
 ソロバンで子供に強い生き方を!
 ○○珠算教室 Tel ○○○-○○○-○○○○」

あなたは、このイタい広告の間違いを
見抜くことができるでしょうか?

=============================
『あなたはこの広告の間違いを見抜くことができるでしょうか?』
=============================
動画をご覧ください。

もし、あなたに小さなお子様がいたとしたら、
そろばんをこの教室で習わせたいと想いますか?

きっと答えは「NO」

この広告枠の料金は年間数十万円。

僕の見立てでは反応はゼロ。完全なドブ金です。

なぜか?

◆理由その一 「オファーがない」

これは致命的です。

高いお金を出して、何をして欲しいのか?
問い合わせ?資料請求?申し込み?

これではお客様は動けない。

「今、こんな条件です。だから○○してください」
しっかり伝える。

オファーのない広告の行き先はただ一つ。

「ゴミ箱」

◆理由その二 「なにかいいことあるの?」

この学校でそろばんを習うと、何が得られるのか?

「子供に強い生き方」?これ、なんのこと?

そろばんを学ぶことで得られる「価値」を書く
この学校で学ぶことで得られう「価値」を書く

お客様に「価値」を伝えない広告の行き先は・・

「ゴミ箱」

◆理由その三 「そろばん?ソロバン?珠算?」

紛らわしい。商材の表記は揃える。
たった数行の中に商材の表記が3種類。

アホか!

・・・・・ごめんなさい。

もし、この広告主の方がお読みでしただら、
この無礼をお許しください。

でもね、
ビジネスは「価値」と「価値」との交換。

この教室でそろばんを学ぶことで、
子供が、そして両親が得られる素晴らしい「価値」が
きっとあるるはず。それを書いて欲しいのです。

それが広告、それがビジネス。

これを忘れないでください。

さて、さて、
あなたはこの広告の間違いを見抜けましたか?

対岸の火事ではありませんよ。
いますぐ、あなたの広告も確認してくださいね。

ドブ金、これ悲しいでしょ?

それではまた!

PS

なぜ「イタい広告」を作ってしまうのか?
それは、このスキルが欠けているからです。

「売り」に一番近いスキル。コピーライティング。

『90日間知識ゼロからのコピーライティング入門講座』
詳しくはこちらから