小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

この広告テクニックを使いこなすことができるでしょうか?

手にとってみてください。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

まずは「伝説」をひとつ。

「時速60マイル
 この新型ロールスロイスの車内で
 聞こえて来るのは時計の音だけ」

これは「現代広告の父」と呼ばれた
デビッド・オグルビーの「伝説」のキャッチコピー。

新車発表の広告にも関わらず、
車の写真を一切使わず大反響を呼んだ広告です。

新型ロールスロイスの「ウリ」遮音性の高さを
見事に描ききった「ストーリー型」のキャッチコピー。

なぜ、このキャッチコピーは
人々の心を惹きつけたのでしょう?

それは、ある「技」を使っているのです。

=============================
『この広告テクニックを使いこなすことができるでしょうか?』
=============================
動画をご覧下さい。

もう一度、このキャッチコピーを見てください。

「時速60マイル
 この新型ロールスロイスの車内で
 聞こえるのは時計の音だけ」

実際に車を運転している様な気になりませんか?

商品を活き活きと描写することで、
商品をすでに所有しているような、
商品を実際に使っているような感覚を持たせる。

商品に感情移入させる「インボルブメント」と呼ばれる
広告テクニックです。

お客様と商品の「関係」をグッと深める。

「さあ、手にとってみてください。
 この肌触り。赤ちゃんを優しく包み込んでくれます」

「お湯を注ぐと際立つ香り。お腹がグーっとなりますね」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
すでに商品を所有しているように、
実際に商品を使っているように活き活き描写する。
お客様に「当事者意識」を持ってもらう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このテクニックを使うことで、
お客様と商品との関係を深めることができます。

特に口に入れるもの、身につけるものなど、
「触感」が重要な商材におすすめです。

ぜひ活用してみて下さい。

さて、街にはクリスマスツリーが登場。
いよいよ年末モード突入ですね。

年末商戦の準備は順調ですか?

「いやー困ってんだよね」

そんな場合は迷わず相談してくださいね。
この時期は「時間」が勝負。
「悩み」は貴重な「時間」を無駄にしますからね。

無料相談・チラシ無料診断のお申し込みはこちらから
あと2ヶ月
フルスロットルで張り切っていきましょう!

それではまた!