小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

一番嫌われている仕事、そして一番重要な仕事

ブレーキを踏みながらアクセルを踏んだら、
いずれ、車は壊れる。

こんにちは。高橋です。

今日は日曜日 Sunday Book Review

「セールスマンお断り」

こんなプレートが玄関に貼られている家がありますね。
僕たち日本人は営業されることが苦手です。
そして、営業することも苦手。

「営業はしたくありません」「営業は苦手です」

でも、こういう人で成果を出しているのを見たことがない。

はたから見ていて泣きそうな売上なのに、
「営業はしない」

鍵のかかっていない牢屋でもがき苦しんでいる。
僕はこのように見えます。

扉を押せば、世界が変わるのに・・・・

なぜ、営業は嫌われているのでしょう?

それは、間違った認識があるからです。

ノルマに追われる、門前払い、地獄の特訓・・・

「パブリック・イメージ」は怖いですね。

この「パブリック・イメージ」に縛られて、
ビジネスが死んでいく。

「営業しない」「だから売れない」「売れないから・・・」

これは悲しい。

ビジネスとは営業すること。売ること。
bジネスとは価値と価値の交換。

営業はお客様を幸せにする仕事です。

====================
『営業の魔術/トム・ホプキンス』
====================
動画をご覧下さい。

この本は営業の「価値」を教えてくれます。
この本は営業の「楽しみ」を教えてくれます。
この本は営業の「方法j」を教えてくれます。

そして、この本は・・・・

「ビジネスの死」を防いでくれる。

「営業が嫌い」の人はマーケティングができない。

マーケティングとは「売りやすくする」こと。

肝心の「売る」ことができないと、
マーケティングが組立られないのです。

営業が嫌いなのは理解できます。

でも、苦い薬を飲むように、我慢して
この本を読んでみてください。

「良薬口に苦し」

でもな・・きっと読まないんだよな・・・

本の題名に「営業」の文字があるだけで、
「とんでもない」

やれやれ、ご愁傷様です。

最後です。

扉を押してみませんか?
鍵は掛かっていないですよ。

それではまた!

PS

ネットショップを運営しているKさんの話。

「高橋さm、僕は営業が嫌でネットショップを始めたのですが、
 結局は営業なんですね」

もちろんKさんはがっちり稼いでいます。