小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

僕が妙に心を惹かれたチラシの「なぜ?」

謎だ・・・

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

一枚のチラシから目が離せない。
もう、かれこれ30分も眺めている・・・・

「なんでだろう?」

それは昨日、ポスティングされたチラシ。
フラワーショップの手作りチラシでした。

「ただの花屋さんではありません。
 とても素敵な花屋さんです!」

これが、そのチラシのキャッチコピー。
プロから言わせると典型的な「ダメチラシ」です。

ターゲットを選別していない。
「ただの、素敵な」抽象的な修飾語。
なんの具体的な価値も示されていない。

でも、僕は「行ってみたい」と思ったのです。

もっと素直に言うと
「可愛い」と思ってしまったのです。

可愛い?Why?

あなたはなぜだか分かりますか?

しばらくして、ようやく謎が解けました。

それは・・・

======================
『僕が妙に心を惹かれたチラシの「なぜ?」』
======================
動画をご覧下さい。

それは彼女たち(たぶん)の強い意志を感じたからでした。

「絶対に店に来て欲しいんだ」

そう僕に思わせたのは、
キャッチコピーのフォーマット。

ある、強烈な「型」を使っていたのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
「○○○ではない。□□□です」
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「否定⇒肯定」
これはとても強いフォーミュラ(型)なのです。

「当店の野菜は決して安くはありません。
 品揃えも悪いです。
 でも、産地直送の有機野菜。安全をお届けします」

店舗の「価値」を際立たせる。

「○○ダイエットも□□ダイエットも、すぐにリバウンド。
 でもこのダイエット・プログラムは違ったんです」

競合商品と差別化する。

「否定⇒肯定」は
「価値」を際立たせることができるのです。

多分、その花屋さんは
マーケティングもコピーライティングも知りません。

でも「店に来て欲しい!」
その強い気持ちが生んだキャッチコピーだったのですね。

「否定⇒肯定」はあなたを魅力的にします。
あなたの強い想いを表現します。

「否定⇒肯定」

ぜひ活用してみてください。

それではまた!
PS
大失敗したチラシを僕にお送りください。
改善点をアドバイスいたします。

『チラシ無料診断受付中』

お申し込みはこちらから