小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

チラシ作成 あなたはこの4つの質問に答えれますか?

成果を決める「?」です。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

5000回以上!

これ、なんの数字か分かりますか?

これは僕たちが一日に発している質問の数です。

「え?人にこんなに質問してないよ」

そうですよね。人には訊いていない。
これは「自分」に対する質問の数です。

僕たちは行動する前に必ず「自分」に質問してる。

「今日の昼、何食べる?」
「そろそろ寝ようか?」

その数なんと5000回以上。

問題はその質問の内容です。

「これ自分には無理なんじゃないか?」
「これをやってもダメなんじやないか?」

自分に対して否定的な質問ばかりしていると、
その答えは・・・・

行動できない。チャレンジできない。始められない。

つまり、結果がでない。

質問の力、恐るべしですね。
自分に対sる質問が結果を決める。

これ、チラシ作成も同じです。

あなたは次の4つの質問に答えれますか?

==========================
『チラシ作成 あなたはこの4つの質問に答えれますか?』
==========================
動画をご覧下さい。

◆チラシの集客力を決める4つの質問

1 お客様があなたのチラシを読まなければいけない
  理由は何ですか?

2 お客様があなたのチラシを信用しなければいけない
  理由は何ですか?

3 お客様があなたのオファーに応じなければならない
  理由は何ですか?

4 お客様が今すぐ行動しなければいけない
  理由は何ですか?

いかがですか?答えれますか?

実はこの4つの質問、僕が考えた質問ではありません。

この質問を投げかけているのは、
伝説のコピーライター
マックスウェル・サックハイム

「あなたは英語でこんな間違いしていませんか?」

このあまりにも有名なキャッチコピーを作った人です。

彼は広告で結果をだすための条件として、
この4つの質問に答える事だと言いました。

あなたは答えれますか?

「質問が成果を決める」

これ、忘れないでくださいね。

それではまた!

PS

「あなたは英語でこんな間違いしていませんか?」

これは、必殺のキャッチコピーです。
どんな業種、商品にも使える。

試しに書店へ行ってみてください。
このフォーマットを使った本が数冊、
必ず見つかるはずです。