小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

キャッチコピーにこのコンセプトを使ってみよう

世界で一番使われている言語は何かご存知ですか?

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

とてつもない美女に声をかけられました。

昨晩の事、
クライアントさんの販促プランを練るために、
スタバに篭っていた時のことです。

隣に座っていた女性から声をかけられました。

顔を上げると・・

息が止まるくらい美しい女性。(マジです!)
しかも綺麗なおみ足も露なミニスカート姿。

「は、はい?」

気が動転しつつも応えると

「×××××××××××××?」

なんと中国の方でした。
中国語で書かれた観光ガイドを指さしながら「×××」
どうやら「時計台にはここからどうすれば行けるのか?」

正直、ホッとしました。
これなら書いて答えられる。

ノートに道筋を書いて渡すと

「シェーシェー」

これだけは分かりました。

びっくりしたな。もー。
冬だと言うのに汗びっしょり。

でも、どうして人は尋ねられると答えたくなるのでしょう?

これキャッチコピーに使わない手はないですよね。

===========================
『キャッチコピーにこのコンセプトを使ってみよう!』
===========================
動画をご覧下さい。

「人は尋ねられると答えたくなる」

「尋ねる」

これはキャッチコピーでも重要なコンセプトの一つです。

答えたくなる。興味を惹かれる。

例えばこの有名なキャッチコピー

「あなたは英語でこんな間違いをしていませんか?」

ね、興味を惹かれるでしょ?

例えば、こんな尋ね方もある。

「パーマによる髪の傷み!
 あなたは次の5つの中で
 その問題を一番解決したいですか?」

「もし、ご主人が浮気をしていたらどうしますか?」

「行政書士として独立したいあなたへ
 次の5つの質問に答えられますか?」

次の文章が読みたくなる。

キャッチコピーの役割を「?」が果たしてくれるのです。

「人は尋ねると答えたくなる」

このコンセプト、覚えておいてくださいね。

さて、それにしてもスタバの美女。
彼女は何者だったのでしょう?

それではまた!

PS

これは僕も知らなかったのですが、
世界で一番使われている言語は中国語だそうです。

中国語か・・

麻雀用語くらいしか知らないな・・・