小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

「謙虚で礼儀正しく」だとビジネスは失敗する?

目からウロコです。

今日は日曜日 Suday Book Reviewです。

「謙虚は美徳」「礼儀正しく」

僕たちは、こんな「常識」に守られて生きています。

社会的動物である人間の知恵。
快適でストレスなく生きていくための「常識」

ただ、この「常識」が、
ビジメスの発展にブレーキになってしまうことがあります。

例えばこんなやつ。

「自分がされたら嫌なことは、人にしてはいけない」

これ、僕も小さいころ、よく母親から言われました。
懐かしいな~。

でも、いい大人になってこれを信じていると、
ビジネスは上手くいかない。

「え?なんで、いいことじゃない」

でもね、これ、
マーケティングの敵、「エゴ」丸出しなのですよ。

自分が嫌なことは、人も嫌。
自分がいいと思うモノは、人もいいと思うはず。
自分が売りたいものは、人が欲しがるはず。

判断基準が全部、自分の価値観。

あなたの価値観を満たすために、
お客様は財布の紐を開いてくれることはないのです。

お客様の価値観・欲求を満たすことが商売。

ね、「常識」がビジネスの邪魔をしているでしょ?

この人は、もっと辛辣です。

なんせ「謙虚で礼儀正しく」も・・・・

====================
『常識の壁をこえて/ダン・ケンディ』
====================
動画をご覧下さい。

ビジネスの成功は正しい「行動」から生まれます。

そして、正しい「行動」は正しい「計画」から生まれる。

そして、正しい「計画」は、正しい「思考」から生まれる。

つまり「思考」が間違っていると、
どんなに優れたノウハウを使っても・・・失敗する。

この本の副題は

「こころのフレームを変えるマーケティング哲学」

21の「常識のウソ」を解説しています。

いくつか挙げてみると

「ポジティブ思考のウソ」
「謙虚は美徳のウソ」
「礼儀正しくのウソ」
・・・・・・・・・・・・
騙されたと思って読んでみてください。
「目からウロコ」僕が保証します。

この本は以前、
「ビジネス版 悪魔の法則」として発売されていました。
長きにわたり絶版になっていたもの新装改訂版です。

オリジナルの「悪魔の法則」は一時、
2万円の値がつくほどのお宝本。

マーケティング関係者の聖書と言われていたのです。

著者は、
「億万長者メーカー」「現代のナポレオンヒル」
ダン・ケンディ。

読まない手はありませんよ。

ぜひ!

それではまた!