小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

マーケティングにおいて特別な数字

唐突にやってきました。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

昨晩、その悲しい死は突然やってきました。

「ギゴギゴギャワンギャワン」

異音を発し、プリンターが死にました・・・

ヤバッ!
明日の朝一の打ち合わせに使う企画書が・・・

時は夜の11時。どこの家電店もやっていない。

急いでUSBメモリにデータを入れて、
だめもとで、毎日通っているスタバへ。

笑顔で一発回答。「いいですよ。印刷しますね」

馴染みの店員さんで助かりました。ありがとう!!

僕は物持ちがいい方です。
基本的に壊れないと新しいものは買わない。

このプリンターも何年使ったことやら。

でも、これはビジネスにおいては失格なのです。

今にも壊れそうなプリンタが「1台」

教訓 「ひとつ」は危険である。

ビジネス、特にマーケティングでは、
「ひとつ」は特別な数字です。

=====================
『マーケティングにおいて特別な数字』
=====================
動画をご覧下さい。

◆マーケティング「ひとつ」でなければダメなもの

ターゲット・キーベネフィット・オファー

広告メッセージの基本は

「ひとつのターゲットのひとつのニーズに対して
 ひとつの鍵となる価値を伝えて
 ひとつの行動を求める」

「あの人にも、この人にも、
 これもできます。あれもできます。
 だから、これしてください。あれしてください」

これは最悪の広告メッセージ。ドブ金です。

◆マーケティング「ひとつ」だと危険なもの

お客様が「一人」「一社」に依存している。
集客の手段が「ひとつ」しかない。
パートナー、アライアンス先が「ひとつ」しかない。
商品が「ひとつ」しかない。

「ひとつ」に依存する。
これは、本当に危ないことです。

フィルムに依存してあのコダック社は姿を消した。
アメーバに集客を依存していた人は路頭に迷っている。

「ひとつ」のリスクを考えておくべきです。

マーケティングにおける「ひとつ」
あなたも考えてみてくださいね。

それではまた!

PS

「ひとり」で頑張っているあなたへ。
僕を集客のパートナーにしてみませんか?

ブリッジワークの集客支援メンバーシップ
『集客7プログラム』ただいま新メンバー募集中!

詳しくはこちらから