小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

コスト0円で最高のセールスメッセージを学ぶ方法

【集客7】コスト0円で最高のセールスメッセージを学ぶ方法

神様も言っています。
彼らに学べと。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

昨日に続き、今日も「コスト0円」
お得な話です。

あなたはデビッド・オグルビーという人を
知っていますか?

「現代広告の父」と呼ばれる
広告、マーケティングの巨人です。

前職は鍋の訪問販売員、まったくの知識ゼロから、
世界トップの広告代理店を作り上げた男。

世界中のマーケッターがレスペクトしてやまない男。

なぜ、いまだに尊敬され続けているのか?

オグルビーは「売る」ことにこだわりました。
綺麗なだけのイメージ広告を忌み嫌っていました。

その「売る広告」の哲学が、今だに「使える」からです。

オグルビーは、「売る」が弱い広告を作る社員に、
このように怒鳴り散らしたそうです。

「君たちは広告のことを何もわかっていない!
 わかっているのは通信販売業者だけだ!!」

広告作成は通信販売業者に学べ!

それでは学びましょう。

========================
『コスト0円で最高のセールスメッセージを学ぶ方法』
========================
動画をご覧下さい。

通販の広告はとてもシビアです。

なぜなら、全てが「数字」で判断される。
この広告で「いくら儲かったか」

屁理屈、言い訳は一切通用しないのですね。
「セブンイレブンいい気分」とは訳が違うのです。

通販の広告には「売る」エッセンスが凝縮されている。

そこで最高の参考書をご紹介します。

「ジャパネットたかだ」の通販番組。

これは、必見です。

ひとつの商品、たった10分で、

興味を持たせ、欲しくさせて、納得させて、
電話に向かわせるセールスメッセージの力。

まずは、番組を録画してください。
そして、ノートを用意して、観る。

注目して欲しいのは、

「何をどの順番で伝えているのか?」

興味を持たせるために何を伝えているのか?
「欲しい」と思わせるために何を伝えているのか?
納得させるために何を伝えているのか?

そしてトドメ!

注文させるために何を伝えているのか?

セールスメッセージの肝は「構成」です。

「ジャパネットたかだ」は
最高の「構成」を教えてくれます。

セールスメッセージの役割は、
お客様の感情に訴えて、行動を起こさせること。

高田社長が優しく、そして激しく
教えてくれますよ。

余談ですが、「ジャパネット」の番組は
長崎の本社内にあるスタジオから、
全て生放送だそうです。

理由は「常に最新の情報を伝えたいから」

さすがですね。

いかがですか?

セールスメッセージが
あなたの財布の厚さを決めます。

広告作成は通信販売業者に学べ!

コストは0円です。

ぜひ!

それではまた!