小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

チラシのデザイン たったひとつアドバイスするとしたら

たった一言です。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

広告代理店時代、あるゴルフ大会に関わっていました。

8月の札幌の大会。

秋の高額賞金の大会の調整も兼ねて、
著名な選手も多数参加している大会です。

ある年のこと。大会のイベントとして、
「プロのワンポイント・レッスン会」を
開催した時のことです。

教えてくれたプロは、
2012年、念願の賞金王を獲得した藤田寛之プロ。

驚くくらい誠実で礼儀正しい方でしたね。
(同じ賞金王でもK.SとかT.Tは傲慢で最悪でした)

さらに驚いたのは、そのレッスンの成果です。

藤田プロのアドバイスで、
参加した方の腕がみるみるうちに向上。

これには、アドバイスを受けた方もびっくり。

イベント後、
藤田プロにレッスンのコツを尋ねたところ、

「あれこれ、言わないことです。
 ひとつだけに絞ってアドバイスします。
 いくつもアドバイスすると、かえって悪くなりますから」

なるほど!

と、言うことで、
今日は、チラシのデザインについて

「たったひとつ」

アドバイスをしたいと思います。

それは・・・

===========================
『チラシのデザイン たったひとつアドバイスするとしたら』
===========================
動画をご覧下さい。

「キャッチコピーとオファーは。
 下品なくらい大きくレイアウトする」

以上です。
これだけは、必ず守ってください。

「下品なくらいって・・カッコ悪い」

はい。質問です。

綺麗なチラシと「売れる」チラシ。
どちらが、お好きですか?

売りたいのであれば「下品なくらい大きくです。

◆理由1 チラシはゴミ箱の上で選別されるから

お客様はチラシを読む、読まないの判断を、
チラ見、コンマ数秒で決めます。

「これは、あなたに必要な情報ですよ!!」

気がついてもらうために、
チラ見でも目に飛び込んでくるくらい
「バカでかく」キャッチコピーをレイアウトします。

◆理由2 「何をして欲しいか」が伝わらないとドブ金だから。

オファーとは取引の条件のことです。

「○○○だから、ぜひ来店してください」

来店、購入、資料請求、問い合わせ、来場・・・

チラシの目的は、お客様の「行動」です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
超魅力的な条件を示して、お客様に「行動」してもらう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これがチラシ広告。

何をして欲しいのか、一目でわからないと・・・

これまた、待っているのはゴミ箱。
ドブにお金を捨てることになります。

だ・か・ら

「キャッチコピーとオファーは
 下品なくらい大きくレイアウトする」

お客様に
気がついてもらう。して欲しいことを示す。
大きな声で。

「今晩、鍋を考えている奥さーーん!
 タイムサービス、白菜、半額だよ!買ってて!」

これがチラシ広告です。

お上品なチラシは失敗します。美人薄命。

雑然とした大量のチラシの中でも、
お客様が手を止めて、読むチラシ。

「下品なくらい大きく」

お忘れなく。

それではまた!

PS

大失敗したチラシ、現在製作中のチラシ
僕に送ってください。

ゴミ箱にいかないチラシ作成のコツを
わかりやすくアドバイスします。

『チラシ無料診断』受付中!

お申し込みは、こちらのフォームから