小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

チラシ?新聞広告?それって、おかしくね?

全部です。残り隠さず全部です。

こんにちは。高橋です。

昨日は、
今年最後の「メンバー限定勉強会」を収録しました。

「メンバー限定勉強会」とは、
僕が主宰する集客支援メンバーシップ
「集客7プログラム」

この、メンバーさんに
毎月25日に配信している動画セミナーです。

今月のテーマは「セールスメッセージ強化大作戦」

とても重要な7つのコンセプトをお届けしました。

今日はその中から「超重要」なコンセプトを
シェアしたいと思います。

さて、あなたがプレゼントを届けるとします。

でも、

届ける相手が決まっていない。
プレゼントの品物も決まっていない。

それなのに、「この箱で宅急便で届ける」
パッケージと届け方だけ決まっている。

こんな人、いませんよね?

もしいたら、まずは病院に行ったほうがいい。

でもね、マーケティングでは、
「ほとんど」の人がこれをやっている。

きっと、あなたも・・・

========================
『チラシ?新聞広告?それって、おかしくね?』
========================
動画をご覧下さい。

「お客様がこなくて・・チラシをやりたいんです」
「新聞広告って効果ありますか?」

これ、よくありますよね。

「チラシ」「新聞広告」が、
スマホ集客であったり、PPC広告であったり。

でも、これよく考えてみると、
プレゼントを「箱と宅急便」から決めているのと同じこと。

ターゲットが明確になっていない。
メッセージは考えられていない。

「チラシをやろう。さて、原稿、どうしようかな?」

これ、間違っています。

チラシや新聞が悪いと言っているのではないですよ。

「検討する順番が間違っている」

チラシという「届け方」に
メッセージを合わせようとする。

A4両面という「箱」に
メッセージを合わせようとする。

ね?おかしいでしょ?

これではメッセージが歪むのです。

セールスメッセージは、
マーケティングにおける「命」です。

今日、お伝えしたいことは2つです。

◆正しい順番でセールスメッセージを作る。

まずは相手、「ターゲット」。
それから「メッセージ」。
最後に、届け方、「媒体」です。

結局、「チラシ」「新聞」になる場合もある。
でも、それは正しい手順を踏んだ結果です。

◆まずは「パーフェクト・完全」な
 セールスメッセージを作る。

媒体を気にしない。スペースを気にしない。

お客様を行動へ導くために、全て書ききる。

もちろん、ダラダラ書いてはいけませんよ。

どうすれば、注目してくれ興味を持ってくれるか?
どうすれば、納得して「欲しい」と思ってくれるか?
どうすれば、「今すぐ行動」してもらえるか?

Word,何枚になっても構いません。

とにかく、ぜーーーーーーーんぶ、もれなく書く。

そして、選択した媒体にカスタマイズするのです。

それは、素晴らしいダイジェスト版。

まずは「メッセージ」

「メッセージ」がお客様を創るのです。
「箱、届け方」はお客様を創ってくれません。

まずは「メッセージ」です。

これ、本当に忘れないでくださいね。

それではまた!

PS

あなたに必要な「メッセージ」を作りたいですか?
こちらをご覧下さい。