小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

「仕組み」マーケティングプランの作り方 Part2

あなたの戦場はどこですか?

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

「俺は世界一のコピーライターだ」

と、豪語していたゲーリー・ハルバートの逸話。
セミナー会場でゲーリーは聴衆に尋ねました。

「あなたが、ハンバーガー店を開店するとしたら、
 どんな、利点が欲しい?」

聴衆は答えました。

「秘伝のソース」「素晴らしい立地」「高いブランド力」
・・
するとゲーリーは笑って言いました。

「いいでしょう。それらを全部、あなたに差し上げます。
 それでも、私はあなたよりも、繁盛する店を作れます。
 ある、ひとつのものさえ、私に与えてくれれば」

「”飢えた群衆”さえいれば、どんな店にも勝てます」

つまり、「美味しいハンバーガー」でなくても、勝てる。
「素晴らしい立地」でなくても勝てると言うことです。

”飢えた群衆”がいる場所。

それが、あなたの戦うべき場所です。

========================
『「仕組み」マーケティングプランの作り方 Part2』
========================
動画をご覧下さい。

「仕組み」を作る。

リサーチによって、あなたの「強み」を決めたら、
次にするべきことは、戦う場所を決めることです。

戦う場所とは、なにも「立地」のことではありません。

「お客様の、どんな課題を解決するビジネスをするのか?
 それは、あなたが勝てる場所なのか?」

あなたの戦う「位置」を決めることです。

これを「ポジショニング」と言います。

例えば、あなたが小児科医院を開業するとします。

「小児科医院」という「位置」で戦おうとすると、
競合がうじゃうじゃ。とても勝目はありませんよね。

そこで”飢えた群衆”

お客様が求めていて、競合が満たしていない「位置」

「札幌で唯一の
 訪問治療、夜間治療専門の小児科医院」

例えばクリーニング店

これも競争の激しい業種ですね。
「クリーニング店」という「位置」では勝てない。

そこで”飢えた群衆”

「出勤前にお預かり、お仕事が終わるまでに仕上げます。
 キャバ嬢のドレス専門のクリーニング店」

(近くに住んでいるキャバ嬢さんに聞いたら、
 本当に便利だそうです)

「行政書士です」
「美容室を経営しています」
「整体院です」

これだけでは、あなたは勝てない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなたの「強み」を活かせる、”飢えた群衆”のいる場所
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この「位置」を見つけて欲しいのです。

ポイントは「絞る」こと。

対象を絞る。提供する時間を絞る。提供する方法を絞る。
提供する場所を絞る。販売方法を絞る。

絞り混んで、あなたが勝てる場所を設定する。
あなたの「位置」を決めてください。

「ポジショニング」は、
あなたのビジネスの行く末を決める超重要なステップです。

有名な事例をひとつ。

アメリカの貧乏学生が、とてもありふれたビジネスで起業しました。
そうです。とてもとても、ありふれた。

でも、秀逸な「ポジショニング」で、
あっと言う間に巨万の富を手に入れたのです。

その「ポジショニング」とは・・・

「いつでも、必ず、アツアツのピザを30分以内に届けます。
 遅れたら代金は頂きません」

ドミノピザの創業者トム・モナハンの決めた「位置」

あなたはどんな場所で戦いますか?

あなたのビジネスを決める選択です。

必ず決めてくださいね。

それではまた!