小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

「仕組み」マーケティングプランの作り方 Part6

さて、いよいよです。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

プロのギャンブラーに会ったことはありますか?

バブル全盛のある年のことです。
オーストラリアで、僕はギャンブラーと知り合いました。

彼はオーストラリア在住5年目の日本人。
彼の勤務先は、あるホテルの地下一階のカジノです。

僕にとって初めての海外旅行、初めてのカジノ。
そのカジノのバーで彼と言葉を交わしました。

本当は事業のためにオーストラリアに来たこと。
オーストラリア人の奥様とふたりの子供がいること・・・

僕はあることを尋ねました。

「ギャンブルで勝つコツって何ですか?」
すると

「簡単だよ。勝てると思うまでは
 大きな勝負はしないことさ」

彼はカジノに来ると、
まずは観光客向けの賭け金の小さなテーブルに着きます。

そこで、数勝負して、その日の「ツキ」を確認する。

今日はダメだな、と思うと、すぐに帰る。

今日はイケルな、と思ったら、
徐々に高いテーブルに。そして最後の大一番に挑む。

なんと!

これは、マーケティングの極意と同じではありませんか!

=========================
『「仕組み」マーケティングプランの作り方 Part6』
=========================
動画をご覧下さい。

売る「仕組み」を作る。

「強み」を知り、「ポジショニング」を定め、
「ステップ」を決め「メッセージ」を作り上げて、
「ツール」を選ぶ。

準備は整いました。

あなたが、次にやるべきこと。
それは、試してみる。「テスト」です。

新しい見込み客を獲得するためにチラシを試してみる。
既存顧客に新しいキャンペーンを試してみる。

さて、ここでツボ。

この「テスト」
必ず守らなければいけない鉄則があるのです。

それは、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
小さく「テスト」する。
そして、成果が確認できた段階で、大きく仕掛ける。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「よっしゃーこれで勝負だ!」

こんなイチかバチかのギャンブルをしてはいけない。

イチかバチかの大勝負。
素敵ですよね。セクシーです。

でも、それはビジネスではありません。

プロのギャンブラーも、仕事だから、
イチかバチかの勝負はしていないのです。

「小さなテスト」を繰り返す。

これは、マーケティングの極意です。

世界トップクラスのマーケッター
ジェイ・エイブラハムはこう言っています。

「誰でも小さなテストを繰り返せば
 マーケティングの天才になれる」

そうです。

あなたもマーケティングの天才になれるのです。

そのためには「小さなテスト」

これが極意です。

「仕組み」を作り上げるツボ中のツボ。

絶対に忘れないでくださいね。

そして、

絶対に実行してくださいね。

それではまた