小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

中小企業の「社長」が絶対にやってはいけない広告

ごめんなさい・・・

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

広告代理店時代のジレンマとトラウマです。

僕は広告代理店の営業マネージャーでした。
ある日、電話で「広告を考えているんだけど」
さっそく日時を決めて訪問。

すると、お会いした社長から

「知名度アップ、イメージアップのため、
 予算300万でテレビ広告をやりたいんだ」

その企業は年商30億。財務状況もしっかりした会社です。

「うちも、そろそろテレビ広告」
それまで苦労してきた社長の気持ちはわかります。

でも・・・

札幌の広告市場では300万は小さな数字ではありません。
本来は大喜びすべきでしょう。

でも、正直、僕はためらいました。

ためらった末に結局は受注したのですが・・

今でも、強烈なトラウマになっています。

なぜなら・・・・

==========================
『中小企業の「社長」が絶対にやってはいけない広告』
==========================
動画をご覧下さい。

「テレビ広告300万の予算で知名度、イメージを上げる」

これは「ドブ金」だからです。

説明します。

当時のレートで300万円で約60本のコマーシャル。

これでは「ほとんど」の人が観ることができません。
そして、運良く観れてても1回限り。

知名度もイメージも、上がらないのです。

そして、何効果があったのか、なかったのか、
まるで、分からない。

これは、中小企業が絶対にやってはいけない広告です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中小企業は結果を「数値」で受けとることができない広告を
絶対にしてはいけない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「知名度・イメージ」

ある一定の業績を上げるようになると魅力的な言葉です。
確かに、マーケティング上でも重要な要素です。

た・だ・し

「莫大」なコストがかかります。

詳しいことは省きますが、
例えば知名度80%に達するまでに
必要とされる広告費は軽く「億」

それまで、効果が「数値」で把握できない広告を
出し続けますか?

費用対効果が見える広告

結果が「数値」で受け取れる広告に
投資してください。

「数値」で把握できれば、自信を持って広告に投資できる。
「数値」で把握できれば、改善ができる。

来店者数、購入者数、資料請求数、問い合わせ数・・

そこ広告で「数値」が、どう変化したのか?

これを「ダイレクト・レスポンス広告」と言います。

「ダイレクトレスポンス」=直接反応型広告

中小企業が取るべき広告手法です。

僕は今でも300万という「ドブ金」を、
あの社長に使わせてしまったことを、
激しく後悔しています。

ごめんなさい・・・・

「ダイレクトレスポンス広告」

これ忘れないでくださいね。

それではまた。

PS

「うちもダイレクトレスポンス広告を導入したい」
そんな場合はご相談ください。
準備・段取り、必要事項など、
詳しくアドバイスさせて頂きます。
無料相談のお申し込みはこちらまで