小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

キャッチコピーの極意

「ふふふ・部長、いい話です。聞きたいですか?」

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

報告書が嫌いです。

まずは基本的に「つまらない」退屈。
でも、「読まなければならない」

サラリーマン時代の一番の苦行は
部下の業務日報を読むことでした。

読みにくい文章、退屈な内容。
でも「読まなければならない」

でも、S君の業務日報は別物でした。

毎朝、読むのが楽しみ。
なぜなら件名が秀逸っだからです。

「ボス、とうとうやりましたぜ!」

「高嶺の花と言われた、あのクライアントが・・・」

「高橋部長に最高の週末をプレゼントします」

これ、読みたくなるでしょう?

時には、

「・・・・やらかしてしまいました・・・」

これには青ざめましたけど。

S君は決して文才があったわけではありません。

入社当時、クライアントへの大事な郵送物に、
「二つ折り現金」と書いた男です。

僕は彼に「小学6年の漢字ドリル」を書かせていました。

でも、彼はすぐに頭角を表しました。

「伝える力」を持っていたからです。

思い起こすと、彼の「伝える力」は、
キャッチコピーの極意と相通じるものでした。

それは・・・・

================
『キャッチコピーの極意
================
動画をご覧下さい。

キャッチコピーの極意

それは

「ベネフィットを面白く書く」

お客様は、あなたが伝えたいこと、書きたいことに、
一切の興味を示しません。

「革命的なIT技術で・・・」
「ふ~ん。それ、何か私にいいことあるの?」

お客様は、自分の「得」ベネフィットしか反応しない。

だからキャゥチコピーには「ベネフィット」
それを、興味を持ってもらうように「面白く」書く。

例えばこの定番キャッチコピー

「あなたは英語でこんな間違いしていませんか?」

「正しい英語が学べる」というベネフィットを、
質問形式で表現したキャッチコピーです。

肝は「こんな」

「こんな」と言われると「どんな?」と知りたくなくなる。

ね?

ベネフィットが面白く書かれているでしょ?

あなたのキャッチコピー
お客様の「得」ベネフィットは書かれていますか?
お客様が興味をもつように、面白く書いていますか?

これ、極意です。

常に気にしておいてくださいね。

それではまた!