小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

「売れない」理由 不動のNO1とは?

初めての出張でした。初めての銀座でした。
そして・・・

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

広告代理店、入社2年目のこと。
あるクライアントさんの仕事で、
初の東京出張が決まりました。

場所は銀座。相手は宣伝部の部長さんです。
苦労した企画の説明も無事終了。

すると

「高橋君、ご飯でも食べようよ」

連れて行ってくれたのは、
銀座のビルの地下一階。お寿司屋さんでした。

「ま、まずい・・」

クライアントとの食事は、必ずこちらで払うべし!
と、教えられていたのですが・・・

高そう・・値段がわからない・・

いつも見慣れた「特上・上・並」の文字がない。
初めての「お好み」オーダーの仕方もわからない。

寿司も喉を通らない。そして会計・・・

顔面蒼白でいると

「ご馳走さん」
」クライアントさんは会計もせずに店の外へ。

「あ、あのお金は?」

「ハハハ。大丈夫、会社の経費だから。
 高橋君の給料じゃ無理なお店だよ」

部長と別れた僕は「吉野家」へ飛び込みました。

「わからない」もう懲り懲りです。

もしかしたら、
あなたのお客様も、そう思っているかも・・

====================
『「売れない」理由 不動のNO1とは?』
====================
動画をご覧下さい。

僕が銀座の寿司屋で青ざめたのは、
「わからない」からでした。

人は「わからない」を遠ざけようとします。
「わからない」はお客様の行動を止めるのです。

そう。あなたの商品も。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「わかりづらい」が「売れない」の最大の原因
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆「誰」だかわからない。

何をしてる会社?何を売っているの?
そんな会社にお客様は近づかない。

◆「価値」がわからない。

あなたと付き合うと、どんないいことがあるの?
私の生活はどう変わるの?気持ちはどう変わるの?
「メリット」がわからないとお客様は振り向かない。

◆「いくら」かわからない。

「いくら」がわからないと財布は固く締まる。

Keep It Simple 「わkりやすくする」

これだけで、あなたの商品は自然と動きます。

お客様にして欲しいkと「わかりやすく」伝えていますか?

商品から得られる結果を「わかりやすく」伝えていますか?

あなたのことを「わかりやすく」伝えていますか?

「わからない」はお客様の行動を止めます。

「わかりやすさ」
この重要なコンセプトを、
片時も忘れないでくださいね。

それではまた!

PS

どうすれば、あなたの広告が「わかりやすく」なるのか?
僕がアドバイスします。

『チラシ無料診断実施中』
お申し込みはこちらから!