小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

「集客」「マーケティング」って結局はこういうこと

「売上が全然伸びない」
こんな方は、ぜひ、読んでください。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

クライアントのKさんはコーヒー専門店を経営しています。

出会いは昨年の3月のこと。

「新しい店舗に移転したけれと売上がジリ貧で・・・」

Kさんの焙煎するコーヒーは絶品です。
僕はこれほどおいしいコーヒーを飲んだことがない。

でも、売れない・・・

僕とKさんは1年間の目標を設定しました。
とても、とても高い目標を。

Kさんは自信なさげにこう言いました。

「本当にできたらいいんですけど・・・」

そして、今、1年を待たずに、その高い目標は、
「毎月」達成できるようになっています。

Kさんは何を実施したのでしょう?

それは、とてもシンプルなことでした。
難しいことは、何ひとつありません。
「誰にでも」今日からできることです。

でも「誰もやらないこと」

それは・・・・

=======================
『「マーケティング」って結局はこういうこと』
=======================
動画をご覧下さい。

Kさんは器用な方ではありません。
チラシを綺麗にレイアウトすることもできません。
サイトも作れない。パソコンは苦手です。

そして、当時は広告に投資する費用も、
ごくごく限られたものでした。

そこでKさんが実施したこと。

それは、

「手作りチラシを毎日、自分で配る」

僕とKさんは3種類のチラシを作りました。

「新規見込み客獲得編」
「主力商品訴求編」
「高齢者顧客獲得編」

それを、店が開く前の早朝に毎日500枚。
来る日も、来る日も、来る日も・・・

反応が悪ければ、
エリアを変更、商品を変更、オファーを変更。

そして、また配る。

ある程度、余裕がでてきた時に、
僕はこんなアドバイスをしました。

「新聞折込やポスティング業者さんにお願いしては?」

するとKさんは

「自分で配っていると街がわかるし、お客様がわかる。
 これからも自分で配ります」

「誰にででもできる」でも「誰も有らないこと」

Kさんが実施したのは、

「小さなテストを繰り返す」
集客やマーケティングにおける原則中の原則です。

それをKさんは{継続」
毎日、続けたのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「テストーチューニング」を継続して繰り返す
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、お客様を
ひとり、またひとりと増やしていく。

集客やマーケティング
結局はこういうことです。

あなたは「続けて」いますか?

「これはダメだ」
すぐに、諦めていませんか?

イチロー選手は「毎日」バットを振っています。

「続ける」

これ、大事ですからね。

それではまた!

PS

◆僕を集客のパートナーにしてみませんか?

集客支援メンバーシップ
『集客7プログラム』新メンバー募集中!
お申し込みはこちらから