小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

お客様の悪口を言いたくなったなら・・・

バカか!

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

思わず笑ってしまいました。

昨日、ある家電量販店でのことです。
パソコン売場をぶらぶらしていると・・・

僕に気がつかなかったのでしょう。
二人の店員のこんな会話が聞こえてきたのです。

「ったく、最近の客は値引きばっかりだよな」
「本当、本当、腹立つよな」

まあ、こう言いたくなる気持ちはわかります。

価格比較サイトやamazon
今の消費者はコストコンシャス、価格にシビアです。

でも、あえて言いたい。

「バカめ!値引きしかしない客を集めているのは、
 おまえらだろうが!」

だって、彼らの広告を見てみたら・・・

=======================
『お客様の悪口を言いたくなったなら・・・』
=======================
動画をご覧下さい。

その家電量販店のチラシには、こう書いてあります。

「他店よりも一円でも高かったら言ってください」

店頭のPOPには、

「価格のことは、お気軽にお問い合わせください」

そりゃ、言うわ。

価格以外の「価値」を、まったく伝えていない。
結果
価格にしか興味がないお客様が集まる。

当たり前のことですよね。

「値引きしかしない客」は、この家電量販店の
広告メッセージの「結果」なのです。

もし、あなたが、

「見るだけで買ってくれないお客様ばっかり・・」
「なんで、お客様が来てくれないんだ」

こう思っているのなら、
それは、広告メッセージの「結果」です。

今のビジネスの状況は、
あなたが発信するメッセージが作っているのです。

「価値A」を伝えれば「価値A」を求めるお客様が集まる。
「価値B」を伝えれば「価値B」を求めるお客様が集まる。

「価値」を伝えることができなければ、
お客様は、もっとも比較しやすい判断材料、
価格で選ぶしかないのです。

アップルストアに値引きを求めるお客様は集まらない。
「価値」を伝えているからですよね。

「メッセージ」を変えてください。
「価値」を伝えてください。
必ず「結果」は変わります。

あなたのお客様は、どんな人ですか?

それではまた!

PS

正しい「価値」の伝え方が手に入ります。
あなたの「メッセージ」が変わります。

『90日間知識ゼロからのコピー来ティン・ウ入門講座』
詳しくはこちらから