小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

あなたの広告を支える3つの・・・

学校にもう一度行きたい・

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

優れた経営者の方は歴史好きが多い。

「好きな武将」の話やら、
「○○の戦」の話やら。
司馬遼さんの本の話やら。

ん・・・困った・・・

実は僕のコンプレックスは、
歴史が本当に苦手なことなのです。

司馬遼さんは一冊も読んだことがありません。
大河ドラマは「これ、いつの時代?」

本当に恥ずかしい。
もう一度学校に行きたいくらいです。

「経営は歴史に学べ」は真実だと思います。
人間は人間、本質は変わらない。

歴史はWalk This Wayを示してくれる。

例えば毛利元就の「三本の矢」の話。

毛利元就が三人の子供に、

「一本の矢では簡単に折れてしまうが、
 三本になると強くなる。折れない」

一致団結の大切さを説いた話。

これ、広告でも、まったく同じ。

あなたのチラシは「三本の矢」になっていますか?

====================
『あなたの広告を支える3つの・・・』
====================
動画をご覧下さい。

クライアントさんの広告のレビュー
無料相談・チラシ診断

僕はまず広告の「三本の矢」をチェックします。

広告の「三本の矢」とは

◆「キャッチコピー」

気がついてくれなければ広告はただのゴミ。
キャッチコピーで「あ、私のことだ」
お客様を振り向かせることができているか?

◆「キーメッセージ」

お客様が求めているのは「○○できる」
「○○できる」がら、欲しいと思う。
ベネフィットをしっかり約束しているか?

◆「オファー」

お客様が行動を決めるのは条件しだい。
「あ、これ、すぐに買わなきゃ」
行動に駆り立てる魅力的な条件を提示しているか?

「気がついてもらう」
「欲しいと思ってもらう」
「行動してもらう」

この3つの要素、どれが欠けてても、
広告は機能しない。行く末はゴミ箱です。

あなたの広告は「三本の矢」になっていますか?

「キャッチコピー」
「キーメッセージ」
「オファー」

一致団結が必要です。

今すぐ確認にしてくださいね。

ね?歴史って大事でしょ?

「マンガでわかる日本の歴史」
真面目に買おうと思っています。

それではまた!

PS

「三本の矢」をチェック、アドバイスします!

「全然、広告の効果が上がらない・・・」
そんな時は僕に相談してください。

『無料相談実施中』
お申し込みはこちらから