小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

弁護士のこのズルい裏技を広告に活用しよう!

テレビドラマでよく見るアレです。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

「あなたば、ここで奥さんを殴ったのですよね?」

颯爽と反対尋問を行う弁護士。
テレビや映画でよく見ますよね。

「○○○○ですよね?」

実はコレ、弁護士の裏技。

形は疑問文。
でも、目的は質問ではありません。

メッセージを相手に強く意識させるために使う。
「修辞疑問文」と呼ばれます。

論点をぶらさない。
フォーカスするために使う。

使弁護士だけではありませんよ。

女性が男性をやり込める時にも、よく使われます。

「ねえ、あなた!
 これ、ダメって言わなかったけ?」

怖いですね。

弁護士や怖い女性はなぜ「修辞疑問文」を使うのか?

それは、
「メッセージ」を伝える強い力があるからです。

これ、広告に使わない手はありません。

=======================
『弁護士のこのズルい裏技を広告に活用しよう!』
=======================
動画をご覧下さい。

この「修辞疑問文」のミソは{?」

人は尋ねられると答えたくなる。

メッセージを強く意識することになるのです。

広告ではこんな風に使ってみる。

「子供には少し高くても、
 安心できる有機野菜を与えたいですよね?」

「家は一生に一度の買い物。
 あなたのこだわりを形にしたいですよね?」

子供には「有機野菜が必要」
家作りには「こだわり」

あなたが伝えたいことを、
お客様の頭の中に強く意識させることができるのです。

ポイントは何気なくさらっと使う。

でも、お客様はあなたのメッセージを強く意識する。

「修辞疑問文」

ぜひ、使ってみてください。

それではまた!

PS

集客にはコピーライティングのスキルが必要ですよね?

あなたも「売り」に一番近いスキルを
手に入れてみませんか?

『90日間知識ゼロからのコピーライティング入門講座』

詳しくはこちらから