小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

「世界一つまらない広告」の作り方

こりゃ、読む気せんな~ん

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

世に中には、2種類の広報誌しか存在しません。
それは「面白い」広報誌と「つまらない」広報誌の2種類です。

広報誌やニュースレターなどの定期刊行物は、
とても重要なマーケティング・ツールです。

目的は、お客様との関係性を深めること。

通販大好きの妻のおかげで、
僕の家には毎月、大量の広報誌が届きます。

そして、もちろん僕宛にも数種類。

昨日、3月に届いたものを、
まとめてチェックしていました。

歴然と別れますね。「面白い」と「つまらない」

この違いは、なぜ生まれるのでしょう?

ヒントです。

「つまらない」中でも、群を抜いていたのが・・・
ごめんなさい。札幌市の広報誌でした。

これは驚くほど「つまらない」

さて「面白い」と「つまらない」を分けるもの。
あなたには、わかりますか?

===================
『「世界一つまらない広告」の作り方』
===================
動画をご覧ください。

なぜ、札幌市の広報誌はつまらないのか?

それは「みなさん」のために作られているからです。

例えば携帯キャリア。
N社、S社、K社。一番「つまらない」広告は?
そして、一番、数字を減らしているのは?

お役所体質の「みなさん」はダメなのです。

「つまらない」広告を作るのは簡単です。
対象を「みなさん」にすればいい。

そして「つまらない」広告の行く末は・・・

そうです。ゴミ箱。

これ、悲しいですよね?

「面白い」広告は、その逆をやればいい。

対象をギュッと「絞り込む」

「絞り込む」と目立ちます。
「絞り込む」と読んでくれる。
「絞り込む」とメッセージが明確になる。

だから・・・「売れる」

あなたの広告の対象は誰ですか?

「絞り込む」

これ、忘れないでくださいね。

「みなさん」はあなたのお金を減らします。

それではまた!

PS

行政関係の方、及びN社の関係者の方。
好き勝手、書いて本当にすいません。
「みなさん」は仕方がない側面もありますよね。
でもね、本当につまらないんでちゅ。
もう少し、頑張ってくださいね。

◆僕を集客のパートナーにしてみませんか?

集客支援メンバーシップ
『集客7プログラム』

詳しくはこちらから