小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

常連客を作る一番簡単な方法 ロック小僧が虜になったわけ

少し遠いけれど「わざわざ」あの店に行く。
少し高いけれど「わざわあ」あの人から買う。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

ビートルズ、ストーンズ、レッドツェッペリン・・
中学1年生、僕はロックに夢中でした。

その店は当時、札幌で唯一の輸入盤を扱うレコード店。

古い雑居ビルの薄暗い地下一階、煙草の煙が立ち込める、
13歳の子供にはドアを開くのに勇気のいる店でした。

恐る恐るドアを開くと、長髪の怖いお兄さんばかり。

それでも、小遣いを握り締めて
時々、その店に行っていました。

そんなある日のこと、久しぶりにその店のドアを開くと・・

「あ、高橋さん、待ってました。
 ツェッペリンの新譜、入荷しましたよ」

その日から僕はその店の虜でした。

どこにで売っているようなレコードも、
「わざわざ」地下鉄代を払ってこの店に買いに行きました。
友人を何人も紹介しました。

なぜだかわかりますか?

とっても些細なこと、でもとても重要なこと。

それは・・・

=============================
『常連客を作る一番簡単な方法 ロック小僧が虜になったわけ』
=============================
動画をご覧ください。

その店は、僕の名前を覚えていてくれた。
その店は、僕の好きななアーティストを覚えていてくれた。

13歳の子供。大量のレコードを買っていたわけではありません。
でも、覚えていてくれた。

「あ、大切にしてくれているんだ」

「自己重要感」

人は自分を特別な存在だと思っています。
大切にされたいと思っている。認めてもらいたいと思っている。

これは人間のとても強い欲求のひとつです。
そして、これとても重要。

人は自分を大切にしてくれている人を、大切にする。

お客様を親しみを込めて名前で呼ぶ。
お客様を、ほんの少しでもいい、「特別」扱いする。

「高橋さん。こんにちは。
 夏の新しいワンピースが入荷しました。
 高橋さんにとてもお似合いだと思いますので、
 まだ店には出していません。ぜひ今度見に来てくださいね」

ほんの些細なこと。
その些細なことの繰り返しが、あなたに利益をもたらします。

「ビジネスの目的は顧客の創造である」

これは、あのドラッガーの言葉。

ビジネスの目的は、あなたを大切にしてくれる
常連のお客様を創ることです。

あなたを大切にして欲しいのであれば、
まずは、お客様を気遣うことです。

ほんのちょっとした「特別」をお客様へ提供してください。
そのことをお客様は忘れません。

お客様は、あなたから大切にされたいと思っているのです。

これ、忘れないでくださいね。

それではまた!

◆僕を集客のパートナーにしてみませんか?

集客支援メンバーシップ
『集客7プログラム』

詳しくはこちらから