小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

集客チラシはコレが勝負を決める

多くの人はコレしか見ていない。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

ネットが普及して、僕たち人間もアップデートしている。
それは少々厄介な進歩ですです。

人間は動物です。だから「生きる」ことを最優先します。
例えば悲しい失恋をしたとします。

食事も喉を通らない。夜、眠ることができない。

そして半年間・・・

多くの人は、
美味しそうに焼肉を食べ、夜もぐっすり眠っている。

なぜなら食べなければ、眠らなければ死んでしまうから。

「生きる」ために、悲しいことを忘れるように、
プログラミングされているのです。

そしてネットの普及で大量の情報を浴びている現代。
人はアップデートしました。

「無視する」

脳の情報処理能力を守るため、不要な情報を無視する。

だから今の時代の集客チラシには、
ひときわ、コレが重要なのです。

それは・・・・

==================
『集客チラシはコレが勝負を決める』
==================
動画をご覧ください。

タイトル・見出し。

今の時代の集客チラシは
タイトルの作り方で勝負が決まります。

ここでてテストしてみましょう。

あなたが最近作成した集客チラシを用意してください。
そして、タイトル、見出しだけをノートに書いてみる。

さあ、それで意味は通じますか?
タイトル、見出しだけでお客様は行動してくれるでしょうか?

もし、そうなっていないとしたら、
そのチラシのゴミ箱行きの確率はグンと高くなります。

考えてみてください。
広告は「読まなくてもいい」文章の代表です。

新聞折込やポスティングで大量に届けられるチラシ。

「読みたくない」「読まなくてもいい」
でも、お得情報を見逃して、損はしたくない。

さて、お客様はどうするか?

「j飛ばし読み」

キャッチコピーで興味を持ったチラシを、
さっとタイトル、見出しだけを目を通す。

問題はここのポイント。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タイトル、見出しだけでお客様の「お得」が伝わるか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

簡単な方法をお伝えしますね。

タイトル、見出しを、
「〇〇〇できる」から始めてみる。

例えば

「業界NO.1の超軽量仕様」
⇒「外出が楽しくなる
  業界NO.1の超軽量仕様」

お客様は「お得」には敏感。
タイトル・見出しに「お得」を盛り込んで作るのです。

いかがですか?

まずは全てのコンテンツにタイトル、見出しを配置する。

そして
タイトル・見出しにお客様の「お得」を盛り込む。

せっかちなお客様を、
スムーズに行動へ導いてくださいね。

それではまた!

PS

せっかちなお客様をスムーズに行動へガイドする
集客チラシの作り方ならコチラ

『90日間バカ売れチラシ完全マスター講座』
こちらをクリック