小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

成功する「集客チラシ」のチェックポイント

チラシで集客を成功させるためのポイントをご説明いたします。

 

CHECK1 目的が明確になっている。

売上を上げるため、解決したい課題は何か? その解決のために、チラシを作成する目的を明確にします。目的は、出来るだけ具体的に、また成果を客観的に判断するために、数字で設定します。たとえば「見積もり依頼のお客様を○○名獲得する」など。設定した目的に沿ってチラシの企画・制作を進行します。

 

CHECK2 ターゲットが絞られている。

誰に向けて伝えるのか?目的を達成するために、ターゲットを設定します。ポイントは思い切って絞り込むこと。「あっ、私のことだ!私に向かって語りかけている!」と気付いてもうためです。その結果、シャープで強いメッセージとなり、効果がグンと高まります。

 

CHECK3お客様のためのメッセージとなっている。

みなさまの商品やサービスをアピールするためには、それらを通じて、お客様にどんな有益なことがあるのか、どんなお得が待っているのかをしっかりとメッセージすることです。商品やサービスの特徴を羅列するだけでは伝わりません。あくまでもお客様の目線で考えていくことが重要です。

 

CHECK4‘信用できる理由’が多数掲載されている。

残念ながらお客様は、基本的に広告を信用していません。信用してもらうための要素は出来る限り豊富に載せましょう。商品・サービスの特徴、すでにご利用いただいたお客様へのインタビューや数値データなど、裏付情報は出来るだけ多く用意します。

 

CHECK5今、行動してもらう仕掛けを盛り込む。

「チラシは保存される」これは昔の話です。今は、「あとでネットで調べればいい」と思い、そのうち忘れ去られる、そんな存在です。チラシは一期一会。すぐに行動してもらう仕掛けを用意しましょう。お客様の心理を読み、期間や人数、商品を限定する。特典を用意する。それが、お客様の行動を促すきっかけとなってくれます。

 

CHECK6読まれるための広告文章・デザインになっている。

読まれない。これが集客チラシ、最大のハードルです。どんなチラシでも、読まれなければ何の意味もありません。「読まれるか、読まれないか」この1次試験は数秒で決まってしまいます。ターゲットに「これは私に必要な情報だ!役に立つ情報だ!」と気付いてもらい読み進めて行動を起こしてもらう。そのための広告文章、デザインになっているかを確認します。

 

 

いかがですか。
集客チラシを成功させるには企画・広告文章・デザイン、そのすべてが必要です。
もし集客やチラシに関して誯題をお持ちであれば、ぜひ私たちに聞かせてください。

 

電話番号 011-884-4253

無料相談・お問い合わせはこちらから。