小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

小スペース広告の作り方

入口と出口さえあればなんとかなります。

「スペース・イズ・メッセージ」

これは広告業界の格言(?)のひとつ。

広告スペースが大きければ大きいほど、
注目されメッセージも伝わりやすい。

このような意味です。

確かに新聞広告などでも全面を使用した広告は、
目に留まりやすく、多くの情報を伝えることができます。

しかし、
広告スペースが大きい=広告料金が高い。

小規模のビジネスの場合、
大きなスペースで広告展開する事は、
コスト面で難しい。やりたくてもできない。
ない袖は振れないわけです。

そこで今今回は、
小さな広告スペースでも成果を上げるための
広告の作り方をご紹介します。

広告を構成する要素としては

①キャッチコピーで興味を持たせ
②商品の特徴・他社と何が違うか示し
③お客様が得られるベネフィットを伝え
④お客様から信じてもらうための根拠を掲載
⑤そしてオファーでお客様の行動を促す。

これだけの情報を伝える必要があります。

しかし広告スペースが小さい。

どうすればいいか?

それは、

「広告の入口と出口をお客様に示す」

広告の入口はキャッチコピーです。
お客様の興味を引くための広告の入口。

そして出口。
広告の出口は、その広告の目的。
お客様にとってもらいたい行動。

来店・購入・資料請求・サンプル請求・問い合わせなど

小さなスペースの広告では
この入口と出口で構成してみてください。

例えば水道設備業であれば

「水道凍結!24時間すぐにどこでも駆けつけます
 今すぐお電話!TEL ×××ー×××ー××××」

たつた2行でも広告としての機能ははたしていますよね。

これ
キャッチコピー+オファー
これだけです。

この場合、一つ注意すべき点があります。

それは
キャッチkピーの中に、
必ずお客様のベネフィットを提示すること。

上記の例では
「24時間いつでもどこでも来てくれる」

広告のメッセージの主役はお客様のベネフィットです。

大きなスペースでは、
キャッチコピーで興味を持ってもらい、
そのあとベネフィットを提示する事も出来ます。
しかしスペースがない。
その場合は、
ベネフィットを提示したキャッチコピーにしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■小スペース広告の作り方
 広告の入口と出口でメッセージを構成する。
 入口はお客様のベネフィットを提示したキャッチコピー
 出口はお客様に取ってほしい行動を促すオファー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがですか?
小さなスペースでも充分、お客様を動かす広告は作れます。

ぜひ一度チャレンジしてください。

それではまた次回!