小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

広告文章の簡単特効薬

「広告の文章がどうしてもうまく書けません」

広告文章の書き方。
これは、ご相談の中でも
一、二位を争うテーマです。

今回は、すぐに、簡単に
広告文章が書けるようになる
ある特効薬をご紹介します。

広告文章がうまく書けない。
原因は大きく2つ

①何を書けばいいかわからないまま書いている。
②どの順番で書けばいいかわかないまま書いている。

ご紹介するのは
この2つの原因を同時に解決する特効薬です。

それは、

=====================
文書の終わりを、行動を促すフレーズで終わる。
「だから、今すぐ、○○○してみませんか?」
=====================

何を書けばいいのかわからない。
どの順番で書けばいいのか分からない。

それは文章のゴールが決まっていないからです。

広告の目的は
購入・来店・問い合わせ・資料請求
お客様の行動です。

だから
広告文章のゴールを行動を促すフレーズにする。

「だから、今すぐ○○○してみませんか?」

すると何を書くかが決まってきます。

どんなお客様に行動してほしいのか。
なぜ、今、○○○しなければいけないのか。

この理由を順番に書いていけばいいのです。
順番に書いてみましょう。

=======================
■STEP1 ターゲットを選別する。

「もし、あなたが×××したいなら」

■STEP 解決策を提示

「私たちの商品をお薦めします。」

■STEP3 理を説明する

理由①商品の特徴・独自性とベネフィット

「私たちの商品は△△△。
 だからあなたは□□□することが出来ます。」

理由② 緊急性・限定性で特典を提示

「ただいま先着***名様に
 2000円相当の****プレゼント中」

■STEP4 行動を促す。

「だから、いますぐ、○○○してみませんか?」

=======================

▼テンプレート

「もし、あなたが×××したいのなら、
 この商品をお薦めします。
 この商品は△△△、
 だからあなたは□□□することが出来るからです。
 ただいま先着***名様に*****をプレゼント中
 だから今すぐ○○○してみませんか?」

いかがですか?

カーナビも目的地さえ決まれば
コースを提示してくれますよね。

広告の文章も同じこと。
広告文章の終わりを行動を促す文章にする。
たったこれだけで、
見違えるような広告文章になるはずです。

広告文章の特効薬。
あなたも試してみませんか?