小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

集客チラシ オファーに必要な3つの要素

惜しい!あまにも惜しい!

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

今日のテーマは”押す”

「チラシ無料診断」のメールを確認していました。

「高橋さん、まったく反応がとれません。
 チラシ診断お願いします。」

どれどれ。
添付いただいたチラシのデータを見てみると・・

「え?なんで?」

引きの強いキャッチコピー。
キーベネフィットも魅力的。
コンテンツが引き立つデザイン。

一目見て、そのクオリティーに驚きました。

このチラシがどうして?
首をひねりながら本格的に読み進めると・・・・

あーー惜しい!
あまりにも惜しい!

そのチラシには、致命的な欠点がありました。

それは、

“背中を押していない”

『集客チラシ 行動しなきゃ意味ないね』
動画をごらんください。

集客チラシの目的は、お客様に「行動」してもらうこと。

その惜しいチラシは、

「お!これは読まなきゃ!」
「なるほど!これはいい!」
「あとで、検討しよう!」

え?どうしてだめなの?いい反応じゃん。

そう思うでしょ?
でも、これではダメなんでちゅ。

だって、
「あとで検討」は「買いません」と同じ意味だからです。

今のお客様は超多忙です。
あとで検討⇒忘れてしまう。
あとで検討⇒「あー今回はいいや」

だから、集客チラシで実施して欲しいのです。

”背中を押す”

集客チラシで”背中を押す”役割を担うもの、

それはオファーです。

オファーには3つの要素が不可欠です。

=====================
■「いま行動」を促す3つの要素
「非日常性」「緊急性」「限定性」
=====================

「本日限り!」「先着○○名様限定」「一度限りの」

今行動することのメリット
今、行動しないことのデメリット

集客チラシは一種のニュースです。
「旬」の情報を届けるもの。

だから、
「非日常性」「緊急性」「限定性」で、
お客様の背中を押す。

だって、
せっかく読む気になったのに、
せっかく信用してくれたのに、
行動しない、忘れられる。

これメチャ悲しくないですか?

いますぐ、あなたのチラシを見てください。

ちゃんと、背中は押していますか?

確認してみてくださいね。

チラシ無料診断もぜひご利用ください。
意外な「気づき」見つかるはずです。

それではまた!

追記
お気づきでしたか?
今日のタイトル
ジャズの名曲
「スイングしなきや意味ないね」
もじってみたのですが・・・・

オススメ!サービス!
『売れる集客チラシ完全サポートサービス』
https://bridge-work.net/contents/121003chi-support.pdf

■速習キャッチコピー塾バックナンバー■

Part 1 「キャッチコピーとは?」
http://youtu.be/KuwyZCn9LyQ
Part 2 呼びかけ型キャッチコピー
http://youtu.be/Yff_3OsQBZQ

Part 3 ベネフィット深堀型キャッチコピー
http://youtu.be/P-oqC0k-DRQ

Part 4 繋がりたい!社会派キャッチコピー
http://youtu.be/kigQ0grY9B4

Part 5 多彩なキャッチコピーの手法
http://youtu.be/JHbxuuM2994
Part 6 キャッチコピー楽々習得術
http://youtu.be/CUXZLCLKf8k
あなたのチラシを診断します。
■好評!無料チラシ診断実施中!■
「なんで反応が悪いんだろう?」
そんな時は迷わず相談してください。
ご相談中のセールスは一切行いません。
お気軽にどうぞ!