小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

集客チラシはジャパネットに訊け!

【集客7】集客チラシはジャパネットに訊け!

さすが!

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

僕はジャパネットたかだ、
高田明社長を尊敬しています。

きっかけは数年前の番組。
時は平日の昼。

「次はICレコーダーを紹介します!」

「え?」

僕は驚きました。
当時のICレコーダーは完全にビジネス・ユース
会議の記録・取材・・

でもその時間帯にビジネスマンは観ていない。

なんでこんな商品を?

するとミニドラマで商品を紹介。

小さな女の子が帰宅してくる。
家の中に誰もいない。
テーブルの上にはICレコーダー
女の子がスイッチを押すと、

「まーちゃん、お帰り!
 冷蔵庫にまーちゃんの好きな
 パンケーキがあります。
 ちんして食べて!5時には帰ります」

まーちゃんの笑顔。

「頑張りママさんの暖かい声を届けます」

これすごくないですか?

作っているメーカーでさえ気がついていない、
子育てママさんへ提供できる価値。

それを高田社長は・・・・

===================
『集客チラシはジャパネットに訊け!』
===================
動画もご覧下さい。

それ以来、僕はジャパネットたかだの
通販番組を真剣に研究しました。

そこには集客チラシ作成に必要な要素
その全てがありました。「
■高田社長に学ぶ集客チラシのツボ

①全編、ベネフィットによる表現で価値を伝える。
「お年寄りでも○○できる~」
「この価格だとお子様へ○○してあげられる」

②商品の特徴を置き換えて分かりやすく伝える。
「この電子辞書にはこれだけの機能が~」
(積み上げられた数十冊の辞書)

③特典を積み重ねる。
「さらに今日お申し込みのお客様には~」

④強力なオファーと行動への呼びかけ
「もうこんなチャンスはありません!
 500台限りです!今すぐお電話ください!」

⑤最後にポイントをまとめて伝える。
「はい!それでは繰り返しますね」

etc・・・・・・
そしてなによりもあのプレゼンテーション。

一つの商品の初回時間は約10分。

その短い時間の中で
注意を引き、興味をもたせ、欲しいと思わせ、
そして購入させる。行動させる。

騙されたと思って観てみてください。

集客チラシ作成のヒント、
必ず獲得できるはずです。

僕はいつもメモ帳を手元において観ています。

お試し下さい。

さて「チラシ無料診断」実施中です。
迷う時間はもったいない。
気軽に相談してくださいね。
⇒info@bridge-work.net

それではまた!

◆僕を集客のパートナーにしてみませんか?◆
『集客7プログラムメンバー』募集中!
詳しくはこちら!
https://bridge-work.net/contents/121017member7.pdf