小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

尋ねる相手が違いますよ!!集客チラシの場合

【集客7】尋ねる相手が違いますよ!!

相手を間違えてはいけません。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

今日のテーマは「先生」について。

う~ん もったいない・・・・

「じゃ、これでいきましょう!」
Aさんとのミーティング。

集客の伸び悩みを打破するため、
新しい視点のチラシを作成することに。

その日は最終チェックの日でした。
キャッチコピーを何度も修正した労作です。

とは言えこれまでにないアプローチ。
とりあえず5000部を配布してテストすることに。

数日後のことです。
Aさんからメールが。

「お、テストの結果が出たかな」

開封してみると・・・

「友人にチラシを見せたら○○と言われ、
 再度、作り直すことにしました」しました」

あ~やっちゃった。これ、最悪のパターン。

なぜか、

「先生」を間違えている。

=======================
集客チラシは友人・知人・家族に見せてはいけない
=======================

新しいチャレンジ。

「これでいいのかな?」

やはり、不安になる。
これ人情ですよね。

人に意見を求めたくなる。
そこで、身近な知人や友人に。

尋ねられた友人。

何かアドバイスしてあげないと・・

「ここ直したほうがいんじゃない」

友人の好意、ありがたいですね。

でもね、これ、ご法度なのです。

尋ねる相手を間違えている。

正解は・・・
(ちなみに「僕」ではありませんよ)

そうです。
「お客様」です。

友人はあなたの商品を求めている人ですか?
友人はあなたにお金を払っている人ですか?

ビジネスにおける「先生」はお客様です。

友人からのアドバイスでチラシを修正する暇があったら、
さっさと5000部配布して結果をみる。

「先生」を間違えては、
いつまでも集客の仕組みは作れない。

僕はクライアントさんには、
「友人・知人・家族には見せるな」と言っています。

友人はあなたのことが大切です。
だから、何かアドバイスしたくなる。

でも友人は「先生』ではありません。

不安になったら「先生」に尋ねる。
つまりテストしてみることです。

「先生」は正しく教えてくれますよ。

それではまた!

◆チラシ無料相談してみませんか?◆
どんな、悩みでも結構です。
「悩み」は即解決。
これが成功の近道。
お気軽にお問い合わせください。