小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

広告の作り方 この三つの質問に答えられますか?

うめー!!

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

野菜がこんなに美味しいなんて!

札幌から車で約1時間、
長沼町へ野菜を買いに行ってきました。

長沼町の道の駅「マオイの丘」には、
新鮮な朝もぎの野菜が並びます。

まーこれが安いこと、うまいこと。

その日の食卓は、野菜三昧。

これだけ素材が新鮮だと、
煮てよし、焼いてよし、生でよし、何をしても美味い。

ある有名シエフは、こう言っています。

「素材で決まる」

これ、広告も同じです。

「素材で決まる」

=========================
『広告の作り方 この三つの質問に答えられますか?』
=========================
動画をご覧ください。

「キャッチコピーはどうすればいいの?」
「効果の上がるチラシのデザインは?」

これ、もちろん重要です。

でも、これは料理で言うと調理方法。

問題は「素材」です。

広告における「素材」とは、「何を書くのか?」

いくらコピーやデザインのテクニックを駆使しても、
「何を伝えるのか?」がヘボいと、効果は出ない。

ところが、この「何を書くのか?」
軽視する人がほとんど。残念至極なのです。

調理方法「どう書くのか?」ばかりに気が取られている。

「何を書くのか?」は「どう書くのか}よりも、
はるかに重要です。

あなたは次の質問に答えられますか?

◆広告の素材「何を書くか?」を確認する三つの質問◆

「なぜ、私はこの商品が必要なのですか?」

「なぜ、私はこあなたから買わなければいけないのですか?」

「なぜ、私は、今、買わなければならないのですが?」

この三つの質問に答えられない、答えにつまるなら、
「素材」集めが間違っています。

いくら、巧く調理しても、それは小手先。
美味しい料理、「効果の上がる広告」にはなりません。

「何を書くか?」

新鮮な「素材」を集めてくださいね。

調理はそれからです。

それではまた!

PS

ちなみに、この三つの質問

「ネネフィット・USP・オファー」

広告に欠かせない要素を確認する質問です。
覚えておいてくださいね。