小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

夏休み企画「マーケティング&セールス」至極の名言 Part2

ズレてませんか?

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

初めてのラブレターの悲しい末路・・・

小学6年の夏のこと、相手は同じクラスのMさん。
剛力彩芽さん似のショートカットが似合う女の子。

苦労して書いたラブレター
でも、どうしても恥ずかして渡せない。

そこで、Mさんの友人Sにお願いしたのですが・・・

それから数日間、ドキドキして過ごしていました。
ところが・・・何も起きない。

「おはおよう!高橋くん」

Mさんはいつも通り。

あれ?

Sを捕まえて「あれ、渡してくれた?」

「あ!ごめん!あれ失くしちゃったの」

・・・・・

もう、想いを届ける気力はありませんでした。

Mさんは素敵な女の子でした。
そして、初めて書いたラブレターも悪くなかったはず。

でも、「届け方」を完全に間違えてしまいました。

広告で、こんな間違いしていませんか?

=============================
『夏休み企画「マーケティング&セールス」至極の名言 Part2』
=============================
動画をご覧下さい。

【今日の名言】

「マーケティングとは、適切なメッセージを
 ふさわしいターゲットに、
 適切な手段と方法で届けることである」
         byダン・ケネディ

【解説】
ダン・ケネディーは、これを「3つのM」と呼んでいます。

Market    市場=ターゲット、お客様
Message   メッセージ
Media     媒体

この「3つのM」が合致していないと、ものは売れない。

そもそも、相手を間違えては売れない。
伝えることを、間違えては売れない。
届け方を間違えると届かない、売れない。

「お客様、メッセージ、媒体」

あなたは、

正しい相手に売ろうとしていますか?
正しいメッセージになっていますか?
正しい方法で届けていますか?

売れない、お客様が集まらない・・
それは、どこかズレている。

ミスマッチがないか、確認してみて下さいね。

それではまた!
PS
「あれ?私、ミスマッチかも?」
そんな場合は、相談してくださいね。
「3つのM」のミスマッチはお金と時間を無駄にします。
これ、悲しいですからね。