小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

注意!広告・チラシはこんなものまで伝えてしまう!

お客様は敏感です。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

目の前の、2枚のチラシ。

とても重要なことを教えてくれています。

チラシ診断で送っていただいたチラシ。
どちらも、住宅関連商材のチラシです。

Aさんのチラシ

基本的なルールは守られている。
デザインは整い、文章もしっかりとしている。

お客様の声も掲載されている。
キャッチコピーに少し手を入れれば使えそうです。

でも・・・・

「こない」響かない。

かたやBさんのチラシ

ワードの原稿に、手書きを加えた手作りチラシ。
構成はあっちこっちに行き、文章も拙い。

見づらい、読みづらい。
ルールに即して言えば、直すところだらけ。

でも、これがグイグイ「くる」
何か心に引っかかる。響いてくる。

チラシとしての完成度は明らかにAさんが優っている。
でも、「こない」心に届きてこない。

拙いBさんのチラシは、なぜか心が惹きつけられる。

原因はわかっています。

それは

「自信」

=========================
『注意!広告・チラシはこんなものまで伝えてしまう!』
=========================
動画をご覧下さい。

面談、電話、手紙、メール・・・

相手に何かを伝えようとするとき、
そこには、「感情」が乗る。

例えば手紙やメール

いつもと同じような内容、文面。
でも「あれ、元気ないんじゃない?」

こんな経験ありませんか?

これは、広告でもチラシでも同じなのです。

Aさんのチラシは、綺麗なレイアウト、綺麗な文章。
でも、「自信」がないことが伝わってしまっている。

かたやBさん。
「これ、絶対にいいんですって!ぜひ試してください!」
売っている商品への確信が、ヒシヒシと伝わってくる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
広告・チラシには、送り手の「確信」が込められる。
好むと好まざるとに関わらず。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「売り手の自信・確信」

これ、お客様は恐ろしいほど敏感に嗅ぎ分ける。

だから、

「お客様には絶対に役に立つはずだ。
必ず喜んでくれるはずだ。知らせないわけにはいかない!」

ここまで、「何を書くか?」を突き詰める。

「どのように書くか?」は次の問題なのです。

広告・チラシは、あなたの「自信」を転送してしまう。
あなたは、確信を持って広告を作っていますか?

一度、じっくり考えてみてくださいね。

それではまた!

PS

「全然、反応がなかった・・・・・」
そんなチラシを一枚、僕に送ってください。

アドバイス致します。

『チラシ無料診断』実施しています。
下記アドレスからお申し込みください。
info@bridge-work.net