小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

広告チラシの「デザイン」って何だ?

これ、嬉しいですか?

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です

「お!可愛いね」

「ほんと!!!

妻が新しい服を買ってくると、必ずこう言います。
理由は単純。妻が喜ぶから。

「可愛い」にはいくつか意味があります。

A 服が可愛い。別にあなたではないよ。
B 似合っている。君がより可愛くみえるよ。

僕の「可愛い」がAだと妻が知ったら・・・

例えばプレゼント

「あの人に喜んでもらいたい」
探しに探して、ようやく選んだプレゼント。

相手に渡すと

「わー素敵なパッケージ!可愛い!」

「・・・・・・・・」

これ、嬉しいですか?

広告でも同じようなことが・・・・

===================
『広告チラシの「デザイン」って何だ?』
===================
動画をご覧下さい。

「わーこれ綺麗なチラシ!」
「このチラシ、かっこいいね!」

そのチラシは大失敗です。

プレゼントでパッケージを褒められているようなもの。

チラシを手に取る。勝負は一瞬です。
一秒以下でお客様は、読むか読まにかを決める。

そのとき「中身」ではなく包装に目がいってしまう。
これ、どうなります?

チラシの「中身」はメッセージです。
メッセージが伝わることで、目的が達成できる。

だから、デザインの役割は、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メッセージを際立たせ、スムーズに「行動」へ誘導すること
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●キャッチコピーとオファーは
 絶対に見落とされないようにデザインする。

気がついてもらうためのキャッチコピー
その広告の目的であるオファー

この2つのパーツは広告の生命線。
大きく、目立つように、デザイン・レイアウトする。

●読ませたい文字に不要なデザイン処理をしない

飾り文字、影、グラデーション処理はしない。
写真に文字をかけない。

「読みやすさ」を最優先する。

●色を使い過ぎない

使用する色には意味を持たせる。
色の使いすぎは、視線を散らす。スムーズに読めない。

などなど・・・

広告チラシの目的はお客様の「行動」です。
デザインはお客様をスムーズに「行動」へガイドする
いわば水先案内人なのです。

主役はメッセージ

あなたのチラシの主役は誰ですか?

これ、確認してくださいね。

それではまた!

PS

大失敗したチラシを僕に送ってください。
改善点をアドバイスいたします。

『チラシ無料診断実施中!』
お申し込みはコチラ!
info@bridge-work.net