小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

心の変化 行動の変化 広告の仕事を支えるもの

全てはここから始まります。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

今日は日曜日 Suday Book Review

お客様の心を変化させる。
お客様の行動を変化させる。

広告の仕事は、お客様を「動かす」ことです。

例えばパソコンを「動かす」には起動ボタンを押す。
車を「動かす」には、エンジンキーを回す。

何事も「動かす」ためには、スイッチを押す。

お客様を「動かす」にもスイッチがあるのです。

お客様のスイッチ、それは「感情」です。

どんなに商品の素晴しさを論理的に説明しても、
お客様の琴線に触れることができなければ、動かない。

つまり、売れない。

広告の仕事のファースト・ステップは、
お客様の「感情」のスイッチのありかを探すことです。

これが、難しい・・・

だから基本は、やはりこの本ですね。

===================
『人を動かす/D・カーネギー』
====================
動画をご覧下さい。

恥ずかしながら、若いころは、
この本の素晴らしさを、さっぱり理解できませんでした。

「我」が強かったのですね。

でも、今ならわかります。

「我」が強いと、お客様の感情のスイッチが押せない。
スイッチの場所が見つからないのです。

広告の仕事「変化」を支えるもの
それは、お客様を理解すること。

お客様に会う。話す。理解する。

すると、自然とスイッチが見えてくる。
この本は、そのガイドの役割を果たしてくれます。

まだ読んだことがない方はもちろん、
昔読んだ方も、もう一度、本棚から取り出してみてください。

お客様の「感情」のスイッチ、是非見つけてくださいね。

それが、僕たちの最初の仕事です。

それではまた!

PS

この本の原題
How to win frends and influence people

「たくさんの友達を作り影響力を手に入れる方法」

実はこれ、キャッチコピーの定番の型。

ベネフィットAを手に入れて、ベネフィットBになる。

ベネフィットを重ねた強力なキャッチコピー。
これも、ぜひ覚えておいてくださいね。