小さな会社の集客支援ならブリッジワーク高橋伸夫のマーケティング・コンサルタント

準備運動不足の集客チラシの悲しい末路

ゴミ箱行きのチラシを作りたいですか?

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

冷たいプールに、なんの準備運動もせずにダイブしたら・・・
人生を左右する受験に、なんの勉強もせずに挑んだら・・

結果は、明らかですよね。

これ、僕は身を持って体験しています。

高校3年の夏休み、無防備にプールに飛び込み、
溺れて人工呼吸を受けました。

最初の受験は絵に書いたような「記念受験」
受験しに行ったのか、東京に遊びに行ったのか・・

どちらにしても結果は悲惨でした。

何事にも、それ相当の準備は必要なのです。

もちらん、集客チラシにも・・

=====================
『準備運動不足の集客チラシの悲しい末路』
=====================
動画をご覧ください。

多くの人が「いきなり」広告の原稿を書こうとする。

これは自殺行為です。

お客様に気がついてもらい、行動してもらう。
これは、ものすごくパワーの必要なことなのです。

さあ、wordやテキストファイルをいぅたん閉じて、
「準備運動を始めましょう。

◆広告作成前に必ず確認するべき3つのステップ◆

●STEP 1 「強み」「違い」を確認する。

「触れ回る前に汝を知れ」
これは広告作成における格言です。

広告とは「強み」を、そして「違い」を伝えて、
お客様に選んでもらうためにある。

自分のセールスポイントをしっかりと把握してください。

「〇〇〇には自信があります!」

これ、キッパリと言い切れますか?

●STEP 2 設計図を作る

設計図を書かずに家を建てることはできない。
これ、広告も同じです。

そもそもこの広告の「目的」は何?

そのために伝えるべき「商品の特徴」は?

お客様にどんな「価値=ベネフィット」を
伝えれば欲しいと思ってくれる?

お客様に「信用」されるために何を書く?

今すぐに行動しえもらうために、
どんな「条件」を示す?

まずは設計図「何を書くのか?」を
しっかりと固めてください。

●STEP 3 順番を決める

家を建てる。「設計図」ができたら次に何をする?
作業の順番を決める。

スムーズにお客様を行動へ導くために、
「どの順番」で伝えるのかを決めてください。

広告の筋書き「ストーリーボード」を作成します。

いかがですか?
これが集客チラシ、広告の「準備運動」です。

そして、ここで初めて「どう書くのか?」
wordやテキストファイルを開くのですね。

広告作成の「準備運動」
これ、忘れないでくださいね。

さて、ここでプレゼントです。

広告の設計図を作成するためのワークシート
「クリエイティブ・ブリーフ」をプレゼントします。

こちらのフォームから申し込んでください。
こちらをクリック

必ず「準備運動」してくださいね。

それではまた!

◆僕を集客のパートナーにしてみませんか?

集客支援メンバーシップ
『集客7プログラム』

詳しくはコチラ